iPhoneの文章作成アプリおすすめ7選!効率よくクリエイティブに文章を作る味方

ビジネス文書や記事、論文などの文章を作成するとき、もはやPCがなくてはならない時代になりました。仕事量が多かったり納期が差し迫っているなどで、ちょっとした空き時間も無駄にできない場合が出てくることもありますよね。

編集長
そんな時に限って「PCがない!」「ここでのPC作業はかなり気まずい」という状況に遭遇しがちでもありますよね…

そこで今回は、iPhoneで文章作成ができる有能アプリを7種類ほどご紹介します!

Microsoft Word

Microsoft Word
Microsoft Word
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

◇こんな人におすすめ!◇

  • 普段、PCでもwordをよく利用する人
  • 外回りなど、移動する業務の割合が多い人

Wordといえば、お仕事で利用されている方も多いと思います。一般的にはPCでの使用が主流ですが、実はiPhoneでも使うことができるんです。テキストの新規作成はもちろん、編集、保存、メール送信なども可能です。普段の仕事でWordを頻繁に使っている方には、うってつけのアプリです。

社内用のPCで作成したWordの書類を出先などで訂正したい場合、テキストをOneDriveやDropboxなどのクラウドストレージにファイル保存しておけば、iPhoneで編集することができます(予めiPhoneにOneDriveなどをインストールしておく必要があります)。

Microsoft PowerPoint

Microsoft PowerPoint
Microsoft PowerPoint
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

◇こんな人におすすめ!◇

  • 普段、PCでPowerPointをよく利用する人
  • 外回りなど、出先での業務が多い人
  • デスクでの作成時間が取りづらい人

PowerPointは主にプレゼンテーションで利用されることが多いですが、Word同様、iPhoneアプリとして利用することができます。PC版に遜色なく、スライド作成・文章作成・編集・発表などが行えます。OneDriveなどとも連携可能です。

また、OneDriveなどに保存しておけば、PCでもiPhoneでも作成・編集ができます。チームで資料を作成している場合も全員がiPhoneにアプリを入れておけば、どこでも内容を確認することができます。

Evernote

Evernote
Evernote
開発元:Evernote
無料
posted withアプリーチ

こんな人におすすめ!◇

  • 文章をPDF形式で保存したい人
  • 文章作成をはじめ、その他の機能も充実しているアプリを探している人

シンプルな文章作成、画像の貼り付けはもちろんのこと、画像などに注釈を描き込むこともできます。用途に合わせたテンプレートもあるため、書類作成にはかなり役立ちます。その他、PDF形式やWebページ形式での保存、音声録音機能、チーム共有など、文章作成以外の機能も多く搭載されており、よりスピーディに文章作成ができるようになります。

PDFの保存ができるため、資料作成に必要なデータがあれば、予め保存しておくと、後でEvernoteでの書類作成がしやすくなります。iPhoneだけでなくPCブラウザからもログインできるため、社内ではPC版を、外出中はiPhoneアプリ版を、というように使い分けるとより効率的に作業を進めることができます。

また、音声録音機能を使えば会議内容などを録音することができ、議事録作りがスムーズになります。「議事録」のテンプレートを使用し、書き起こした文章と音声をセットにして保存すれば、作成作業〜確認作業まで楽に行えます。

その他にも、様々な書類作成が可能です。例えば、書類作成に必要な情報を予め入手し、そのPDFやWebページをまとめて保存すれば、後で作りやすくなります。会社での書類作成はもちろん、学校行事のしおりや、プライベート用の貯蓄計画づくりにもオススメです。それぞれに適したテンプレートがあるため、短い作業時間で理想のテキスト作りができます。

Bear-美麗なノート作成・テキストエディタアプリ

Bear - 美麗なノート作成・テキストエディタアプリ
Bear – 美麗なノート作成・テキストエディタアプリ
開発元:Shiny Frog Ltd.
無料
posted withアプリーチ

◇こんな人におすすめ!◇

  • ライター業をしている人
  • 論文作成などに追われている人
  • ブログやWeb記事の下書きを保存しておきたい人
  • 文章作成を重点的に行いたい人

こちらはメモアプリとして使われていることも多いアプリですが、実質はテキストエディタアプリです。Evernoteが多機能であるのに対し、Bearはシンプルな機能のみ搭載されており、主に文章作成に特化しています。Markdown式での作成になりますが、ショートカットキーがあるため、記号を入力しなくても簡単に見出しなどを作れます。テーマ変更も可能で、自分に合ったタイプを選びながら作業することができます。

このアプリはiPhoneだけでなく、iPadやMacでも使えますが、無料版では同期できません。同期する場合は、有料版(月額150円)にする必要があります。また、Windowsは有料であっても同期できないので注意してください。

テキスト編集 Textforce for Dropbox

テキスト編集 Textforce for Dropbox
テキスト編集 Textforce for Dropbox
開発元:Yutaka Yagiura
¥360
posted withアプリーチ

◇こんな人におすすめ!◇

  • WordPressを利用してブログ運営などをしている人
  • 外出が多いブロガーとして活動している人

有料(360円)ですが、テキスト編集にとても便利なアプリです。特に、htmlの入力・編集をする際に活躍してくれます。例えば、修正・追記しやすいよう簡単にカーソル移動ができたり(カーソルヘルパー)、検索・置換機能もついているので、楽に入力ミスを訂正できます。htmlのプレビュー機能も備わっているので、最終チェックがしやすいのも魅力です。Dropboxとの連携もでき、状況に応じてPCでの作業とiPhoneでの作業を使い分けることもできます。

iText Pad

iText Pad
iText Pad
開発元:LIGHT,WAY.
¥360
posted withアプリーチ

◇こんな人におすすめ!◇

  • Webサイトなどに自作の小説などを投稿している人
  • 作家を志している人

こちらも有料(360円)です。コンセプトが「作家のための作業環境」とあって、作家さん向けの仕様になっており、テキストエディタの中では少し珍しいアプリです。縦書きやルビ、青空文庫形式のテキスト、原稿用紙風のレイアウトがあるなど、文章作成に凝りたい人向けの機能がいくつも備わっています。

また、クリップボードに定型文を複数登録できたり、電子書籍のファイル形式(ePub)を開くこともできます。書籍で見かけたフレーズを登録しておいたり、電子書籍からの引用もスムーズに行えるため、使い方次第で、作業がより捗ります。DropboxやEvernote、iライターズなどのアプリとも連携できるため、効率よくアイデアをアウトプットしていけます。

iライターズ

iライターズLite
iライターズLite
開発元:LIGHT,WAY.
無料
posted withアプリーチ

◇こんな人におすすめ!◇

  • webサイトなどに自作の小説などを投稿している人
  • 教育に関わる書類作りなど、「日本語」に重きをおきたい人

こちらも有料(300円)ですが、日本語入力に特化した珍しいアプリです。このアプリには、25万項目もの日本語辞書が搭載されており、関連用語への変換をスムーズに行えます。置換機能も付いており、複数の同じ単語を、一括で別の単語に置き換えられます。横書きだけではなく、縦書きでも文章を作成することができます。正しい日本語を重要視する方にとって、なくてはならない機能が付いているのです。

その他にも、EvernoteやDropbox、先にご紹介したiText Padなどとの連携が可能です。DropboxやEvernote内のデータをスムーズに閲覧できたり、執筆内容によってiText Padと使い分けることもできます。まずは、無料版であるiライターズLiteを使ってみて、それから有料版を検討してみると良いかもしれません。

有料版に比べると機能が格段に少なくなりますが、無料版にも25万項目の日本語辞書が搭載されているので、使用する価値は大きいです。

最後に

今回は「iPhoneの文章作成アプリ」を7種類ほどご紹介しました。ご紹介してきたように、文章作成アプリにも様々なタイプがあります。

編集長
普段の仕事やライフスタイル、趣味に合わせたアプリを取り入れて、外出先でも快適かつ効率的に作業したいですね!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!