iPhoneアプリ「リマインダー」の使い方を解説!効率よく使うには

iPhoneに標準搭載されている「リマインダー」は、在宅ワークが主流になっている昨今、タスク管理のツールのひとつとしてiPhoneユーザーに愛用されています。

リモートワーク体制を取る企業が格段に増えてきている中で、タスク管理のツールも様々になりました。

自分自身だけでなく、一緒に働くチーム全体のタスクや進捗状況を確認することもできるツールがほとんどですが、iPhoneの「リマインダー」も他のツールに劣らない利便性を備えています。

今回はiPhone標準搭載アプリ「リマインダー」について、基本的な使用方法と機能について紹介していきます。

iPhoneのリマインダー」とは

リマインダーは、日々の中でやるべきことや済ませておきたいことを管理できる「To Doリスト」です。

繰り返し機能でルーティンワークの定着化を図ることができたり、やるべきことを必要な時に見えるようにすることができるので、スムーズな管理が実現できます。

主にタスク管理のためのアプリですが、「management(管理)」ではなく「Remaind(思い出させる)」という単語から名付けられており、期日内にやるべきことを思い出させてくれる心強い存在です。

感覚的に操作できるシンプルな使い心地は、Appleならではの機能美とも言えるのではないでしょうか。

リマインダーの基本的な使い方

チェックリストの作成

以下は、基本的なチェックリストの作成手順になります。

  1. リマインダーアプリを立ち上げる
  2. 「マイリスト」→「リマインダー」をタップする
  3. 左下の「新規」をタップする
  4. 予定や要件を入力する
    チェックリストに新しい項目を追加したい場合は、Siriに頼むと良いでしょう。
    例:「ヘイ!Siri!仕事リストに会議を追加して!」など。

日時や場所を通知する

予定の日時が決まっていれば通知設定を、場所による行動が決まっていれば、内容を知らせる通知設定をしましょう。

  • 日時の通知設定をする場合は「日付と時刻」アイコンをタップ
  • 場所による行動の通知設定をする場合は、要件をテキスト入力して「矢印」アイコンをタップして「場所の提案」から選択する

以上の入力をすれば、重要な予定に余裕を持って対応できたり、スーパーでの買い忘れなどを防ぐことができたりします。

リマインダーの便利な使い方

リマインダーに写真を添付する

リマインダーには写真や画像、スキャンした書類を添付することができます。

仕事や友人とリマインダーを共有するとき、文字では説明が難しい内容も、画像だと一目瞭然なので便利です。

  1. カメラアイコンをタップして撮影メニューを選択する
  2. 撮影画面が開く
  3. 撮影したい画像を撮るorライブラリから画像を選択する

タスクに写真が添付されると、タップすれば画像を確認することができます。

ひとつのタスクにサブタスクを追加

ひとつのタスクにサブタスクを追加すれば、細かい作業も全体の予定として、進歩管理がスムーズに行えます。

  1. タスクのタイトルの右に出る「i」をタップする
  2. 「サブタスク」をタップする
  3. 作業の内容を入力して、最後に「詳細」で戻る
  4. 「完了」をタップして、サブタスクの追加が完了

また、作成したタスクを他のタスクにドラッグ&ドロップすることで、サブタスクに設定することも可能です。

チェックリストの共有

リマインダーは他人と共有することができます。

  1. 共有したいリストをタップし、「詳細ボタン」をタップする
  2. 「人を追加」をタップする
  3. リマインダーリストへの参加依頼の送信方法を選択する
  4. リストを共有したい相手を追加して、参加依頼を送信する
  5. 相手が参加を受け入れてくれたら、共有完了。

仕事で同じプロジェクト、プライベートで友人と遊びに行くときに便利です。ただし、相手がiPhoneユーザーでないと共有できないので、注意が必要になります。

リマインダー機能に不具合が出たとき

リマインダーのほとんどのトラブルは、iCloudの同期に問題が生じているか、または設定ミスアプリの異常による不具合によるものです。

  • リマインダーの追加ができない
  • 設定したはずなのに通知が受け取れない 
  • 他のデバイスと同期されない

など、リマインダーになんらかのトラブルが生じた際は、iCloudや通知やネットワーク設定の確認、iOSのアップデートを試してみてください。

リマインダーを使うメリット

リマインダーを使うメリットは、主に次の5つです。

  • その日にやらなくてはいけない予定を「見える化」することができる
  • 定期的にやるべき作業の「やり忘れ防止」になる
  • 時間・場所ごとで発生する作業を管理できる
  • カテゴリを分けて、仕事用・プライベートなど複数のタスクを管理できる
  • タスクを仕事の同僚・上司や家族と共有できる

以上のように、仕事でどんなに忙しいときでも、予定を「見える化」することで、進捗作業をスムーズに管理できます。

また、週に一度の習い事や、月に一度の美容院や歯医者への定期健診など、定期期的な予定の忘れも軽減されるでしょう。

まとめ

今回は、リマインダーについて解説しました。リマインダーを使いこなせれば、予定を「見える化」することで、作業の進捗状況をスムーズに管理できます。

仕事や家事、プライベートなど、日々時間に追われる生活の中、「やるべきこと」と「やらなくて良いこと」の境界線がぼやけてしまうことも多いですよね。

リマインダーは、機能をしっかり使いこなせれば、1日がスムーズに進むようにサボートしてくれる存在であると言えます。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!