iPhone とスマホ(Android)の違いとは?それぞれの得意分野と不得意分野をご紹介

携帯電話の機種変更をしようと思ったとき、iPhoneからAndroidへ、またはAndroidからiPhoneへ、という変更を考える人も多くいるのではないでしょうか。

今回の記事では、iPhoneとスマホ(Android)の違いについてご紹介していきます。

実はiPhoneもAndroidも「スマートフォン」

そもそも「スマートフォン」という言葉は和製英語なのですが、「モバイル向けオペレーティングシステムを備えた携帯電話の総称」という意味があります。つまり、iPhoneもAndroidも同じスマートフォンというカテゴリーで捉えることができるのです。

iPhoneはApple社が開発したスマホのことで、AndroidはGoogleが開発したスマホのことを指します。これだけではなく、他の会社からも様々なスマホが販売されています。

iPhoneの得意・不得意分野

現在、世界中で多くの人がiPhoneを所有していますが、iPhoneの得意分野と不得意分野をそれぞれご紹介していきます。

iPhoneの得意分野

  • OSが統一されているので、買い替えた後でも全て復元することができる。
  • iPhoneケースの種類が豊富にある。
  • AppStoreの審査を通過したアプリが提供されるので、安心して使用できるアプリが多くある。
  • 多くの人が使用しているので、対処に困った時のソリューションが見つかりやすい。
  • Siri(音声)で操作が簡単にできる。
  • セキュリティ面が強化されている。

他にも様々な得意分野を挙げることができますが、以上がiPhoneの主な得意分野です。

 iPhoneの不得意分野

  • ワンセグに対応していない。
  • 着信ランプがない。
  • デザイン性の幅が乏しい。
  • 短いスパンで最新のモデルが出るので、iPhoneケースが買い替えられないこともある。

他の機種と比較すると、このような点がiPhoneの不得意分野にあげられます。

Androidの得意・不得意分野

AndroidもiPhoneに劣らず、世界各国で愛用されています。Androidの得意・不得意分野についてご紹介していきます。

Androidの得意分野

  • ワンセグ、フルセグを使用することができる。
  • 比較的安価で入手できる。
  • 種類が豊富
  • おサイフケータイの種類も多い。
  • 「戻る」ボタンが掲載されている。
  • 非通知の着信の拒否設定をすることができる。

など様々なAndroidのメリットが挙げられます。

Androidの不得意分野

  • LINEなどの通知が画面に表示されない。
  • バッテリーの容量が少ない。
  • バックアップの質がiPhoneに比べると低い。
  • iPhoneと比較して、音楽プレーヤーが使用しづらい。

などがAndroidの主な不得意分野として挙げられます。

iPhoneとAndroidの「OS」

OSとはコンピューターを動かすためのソフトウェアのことを指します。

Androidは機種のメーカーによってOSが異なるため、機種変更後の設定に手間がかかってしまいますが、iPhoneは統一したOSを使用しているので機種変更後もすぐにiPhoneを使用することができます。

おわりに

今回の記事では、iPhoneとAndroidの違いについてご紹介してきました。

機種ごとによって違いがあり、それぞれの得意分野や不得意分野は異なります。どの機種が使用しやすいかは、あくまで主観的なものであり、人によって異なります。自分に合う機能を持つスマホを見つけ、選ぶようにしてくださいね。

iPhone修理のご依頼はSmaPlaまで。故障やトラブル、どんなことでもご相談ください!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!