iPhoneのワイヤレス充電器の選び方・注意点をご紹介!

iPhone 8 やiPhone Xの登場に併せて、ワイヤレス充電器も多くみられるようになりましたよね。

今でこそ馴染みがあるものになっていますが、それでも「使い方や選び方がイマイチよく分からない…」という人もまだまだ多いのではないでしょうか。

今回の記事では、iPhoneのワイヤレス充電器を購入するときの選び方・注目してほしいポイントなどをご紹介していきます!

iPhoneのワイヤレス充電器とは

ワイヤレス充電器とは、充電器コードにiPhoneを繋がない方法で充電を行うものですが、充電器自体はワイヤレスではありません。

充電器本体を電源に接続し、iPhoneをパッドに置くだけでiPhoneの充電ができるようになります。

電磁誘導で充電を行うのですが、ちょっと難しいので「改札などでICカードを感知させる」をイメージしてください。

ワイヤレス充電器対応機種

iPhone7を含め、iPhone7より前のモデルはワイヤレス充電器に対応していません。(※専用のケースを装着すればワイヤレス充電が可能になる場合もあります)

iPhone8を含むそれ以降のモデルであれば、ワイヤレス充電器を使用することができます。

ワイヤレス充電器のメリット

とにかく楽!

いちいちケーブルを挿す必要が無いため、充電自体は非常に楽です。また、コードにiPhone本体を繋がずに済むので、コードをあまりごちゃごちゃさせたくない!という人にもワイヤレス充電器はぜひ使っていただきたいです。

充電しながら音楽を楽しめる

iPhone7からイヤホンジャックが廃止されてしまった関係で、充電とイヤホンの差込口がひとつになってしまいましたよね。そのためコネクタを仕様しなければ充電しながら音楽や動画を楽しむことは難しくなってしまいました。

しかし、ワイヤレス充電器を使えばiPhoneを充電しながら音楽を楽しむことができるのです。

ワイヤレス充電器のデメリット

充電完了まで時間がかかる

ケーブルを用いての充電に比べて、ワイヤレス充電器を使用した方が充電時間は長くなってしまいます。基本的にはケーブルを使用して充電したほいが早く充電を行うことができますが、製品によっては「急速充電可能」なワイヤレス充電器も多く登場しています。

充電中は端末を操作しにくい

ワイヤレス充電器を使えば音楽を楽しむことはできますが、動画を見たりSafariを開いたりすることに関しては少々不便です。

ワイヤレス充電器を使用するときの注意点

充電パッドとiPhoneの位置

充電パッドに内蔵されている送電側コイルとiPhoneの受電側コイルの位置が合っていないと、うまく充電されません。それに伴って充電に時間を要してしまいます。

充電パッドとiPhoneケースの相性

ケースの素材によっては、装着したままで充電を試しても阻害されてしまって充電されない可能性もあります。

ワイヤレス充電器の選び方

iPhoneのワイヤレス充電器を購入したいとき、着目して欲しいのは以下の2点です。

形状で選ぶ

ワイヤレス充電器には

  • パッド(平置き)型
  • スタンド型
  • マウント型
  • モバイルバッテリー型
など様々な形状のワイヤレス充電器が存在します。
主にどのような場所で充電器を使用したいかを考慮し、自分のライフスタイルに沿ったタイプの充電器を選ぶようにしてください。

ワット数で選ぶ

ワット数は充電が完了するスピードに関係します。電流と電圧をかけたものがワット数です。
充電のスピードを重視したい人は、是非ワット数に注目して選んでみてください。

おわりに

今回の記事では、ワイヤレス充電器を購入するときの選び方、気を付けるべきポイントなどをご紹介してきました。

コードを使用せずに充電できるので、コードを管理するのが苦手な人におすすめです。ぜひ、お気に入りの一台を見つけてみてください。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!