iPhoneが寿命を迎えたかも?正しい充電方法でバッテリー寿命を延ばそう

うきうきと新品のiPhoneを手にしたのも今は昔…。

「最近、iPhoneの動作が重くなってきている」

「なんだか充電の減りが早くなってる気がする」

こんなとき、ふと脳裏をよぎる〝 iPhoneの寿命〟の文字。同時に「いつまで使えるんだろう?」という不安も湧いてきます。

いっそ壊れてしまったのなら「買い替えよう!」と決心もつきますが、ただなんとなくiPhoneの寿命を感じている時って、すごくモヤモヤしますよね。

SmaPlaスタッフ
今回は、「iPhoneの寿命ってどれくらい?」「買い替えのタイミングはいつがいい?」といった皆さんの疑問に、ズバリお答えします!
編集長
実際にiPhoneを使っているユーザーの皆さんにも、iPhoneの使用歴について聞いてみました。やっぱり長持ちしてくれないとね!

iPhoneの寿命について、Appleは「3年」と見解

Appleの公式サイトには、iPhoneの耐用年数について以下のように記載されています。

この評価では、1人目の所有者を基準にした使用年数を、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年にするモデルを採用しています。ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く、多くの場合1人目の所有者から別のユーザーに譲渡または転売されるか、Appleによって回収されます。

出典:環境 – よくある質問 – Apple(日本)

Apple社のほとんどの製品寿命は、少なくとも3年というのがApple公式の見解のようです。

扱い方によってiPhoneの寿命は短くも長くもなる!

iPhoneの寿命は3年」とAppleは公言していますが、iPhoneの扱い方次第によっては寿命が短くも長くもなります。
なので、3年という数字はあくまでも平均寿命だと考えてください。
寿命を伸ばす工夫をすれば「5年以上」使い続けることができ、扱い方が良くなければ、その分だけ寿命は縮まります。

iPhoneの寿命を縮めてしまうNG行為

【NG】極端に暑い場所・寒い場所で使う

iPhoneは精密機械です。夏場の車の中や真冬の屋外などの極端に暑かったり寒かったりする環境下では、バッテリーの消耗が早くなってしまいます。

公式ページにも、

iOS デバイスは周囲の温度が 0° ~ 35℃ の場所でお使いください低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。動作温度を下回る極端な低温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの消耗が早くなったりデバイスの電源が切れたりすることがあります。より温度の高い場所にデバイスを戻すと、バッテリーの駆動時間も通常の状態に戻ります。極端な高温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの持ちが悪くなることがあります。

出典:Apple公式

という記載があります。iPhoneはなるべく常温の範囲で使用するように心がけましょう

【NG】バッテリーを0%まで使い切る、100%のフル充電をし続ける

電池は使い切ってから充電した方がいい!と考えていませんか?

充電するなら、バッテリーを100%まで満タンにしたくなりませんか?

実は、どちらもiPhoneの寿命を早めてしまう行為なのです!

iPhoneのバッテリーに搭載されているリチウムイオン電池には、どちらの状態でも高い負荷がかかっています。

バッテリーを0%のまま放置したり、充電が100%の状態で継続して充電を行うと、iPhoneのバッテリーは著しく消耗してしまうことを理解しておきましょう。

バッテリーにとって好ましい状態は、電池残量が20%〜80%の状態です。このことを心がけるだけでもバッテリーの寿命は向上します。

iPhoneのバッテリーは、なるべく使い切ったり満タンにし続けたりしないようにしましょう。

【NG】充電しながらiPhoneを使用する

充電したままの状態でiPhoneを使用し続けると、バッテリーにかなりの負荷をかけてしまいます。できればこまめに充電を繰り返し、電池残量20%〜80%の状態を保つようにしましょう。
また、充電中はiPhoneのケースを出来るだけ取り外すようにしてください
充電を行うとiPhoneの本体に熱が発生します。ケースに覆われていることによって熱がこもって本体の温度が上昇し、結果的に過度の熱が発生して、バッテリーの容量に影響を及ぼす可能性が大きくなってしまいます。

寿命のサイン

どれだけ気をつけて使っていても、iPhoneに搭載されているバッテリーは消耗品なので、どうしても寿命はきてしまいます。

  • 突然電源が落ちる(シャットダウンする)ようになった
  • 再起動することが増えた
  • 充電の減りが早くなってきた
  • 以前よりも動作が遅く感じられるようになった

こんな症状がiPhoneに表れたら、寿命が近づいてきたサインです。

放っておくと、ある日突然電源が付かなくなって困った状況になってしまうかもしれません。

データのバックアップを取るなどして、いざという時に慌てず済むように準備しておきましょう。

バッテリー消耗レベルは自己診断できる!

バッテリーは消耗品だと言っても、実際にiPhoneのバッテリーがどれほど消耗しているのかわかりませんよね。

iPhoneにはバッテリー消耗のレベルを診断できる本体機能があります

このツールを使えば自分で簡単にバッテリーの消耗具合を診断できるので、ぜひ試してみて下さい。

確認方法

iOS11.3以降では、iPhone本体の機能でバッテリーの消耗レベルを知ることができます。

[設定]→[バッテリー]→[バッテリーの状態]で確認できます。

対応しているのはiPhone6以降の機種となっています。


ここに表示されている「最大容量」というのは、バッテリーがフルに充電できるパーセンテージのことです。

新品時の100%をMAXの値として、現在のiPhoneが充電できる容量を示しています

経年劣化が進むにつれて容量は低下し、1 回の充電で使用できる時間が短くなっていきます。

経年劣化がある程度まで進んでいくと、下の画像のような表示になります。

お使いのバッテリーは著しく劣化しています」という警告まで出ています。

バッテリー交換をすればまた使える?

iPhoneの動作が鈍くなる原因のほとんどはバッテリーの消耗なので、バッテリーを交換すればパフォーマンスが復活し、もういちど新品のように使うことができます。

Appleの公式サポートに依頼する場合、AppleCare+に入っていれば無料、加入していなくてもiPhoneX以上なら7,800円、それ以前のモデルなら5,400円で交換してもらえます。

iPhoneのモデルAppleCare+保証対象外
iPhoneX以降のモデル0円7,800円
iPhone8までのモデル0円5,400円

バッテリー交換はSmaPla店舗でも受け付けています!

SmaPlaスタッフ
SmaPlaなら、バッテリー交換の作業時間10分程度と、比較的短いお時間をいただいています。様々な大型商業施設に店舗がありますので、お出かけのついでやお急ぎの際にもぜひお立ち寄りください。専門スタッフが責任を持ってトラブル解決にあたらせていただきます!

SmaPla バッテリー交換価格表

 バッテリー交換ライトニングコネクタ
iPhone88500円-
iPhone8Plus8500円-
iPhone77000円-
iPhone7Plus7000円-
iPhone6s6500円8000円
iPhone6sPlus6500円9000円
iPhone66000円6000円
iPhone6Plus6000円8000円
iPhoneSE4500円6000円
iPhone5S4500円6000円
iPhone5C4500円6000円
iPhone54500円6000円

iPhoneを買い換えるベストタイミングは?

iPhoneは本体価格だけでもかなり高価なので、おいそれと買い換えることはできませんよね。

完全に壊れてしまうまで使用したほうがコストパフォーマンスは良いのですが、劣化に伴って不安要素が積み重なっていくので、買い換えのタイミングを判断するのはかなり難しいです。

iPhoneを買い換えるもっとも良いタイミングとして提案できるのは「分割支払いが終了・終了間際で、自分が欲しいと思える機種の登場に合わせる」です。

「そのiPhone、何年使っていますか?」100人に聞きました!

AppleはiPhoneの寿命を「3年」と公言していましたが、実際のところiPhoneユーザーの皆さんは何年くらいiPhoneを使用しているのでしょうか?

編集長
ちなみに私がつかっているiPhone7はちょうど2年くらいです!

iPhoneユーザー100人に聞いた統計は、以下のようになりました!

Q:現在所有しているiPhoneは、何年くらい使用していますか?

  • 1年未満…21人
  • 1年以上2年未満…32人
  • 2年以上3年未満…29人
  • 3年以上4年未満…11人
  • 4年以上5年未満…3人
  • 5年以上6年未満…4人

*「4年以上使っている」と答えたユーザーにお話をうかがってみました*

編集長
4年以上って相当長い使用歴だと思うんですが、買い替えの検討はしていますか?
女性
私はiPhone5sをずっと使用しているのですが、これといった不具合も出ていないので、まだこのまま使っていきたいと思っています。
男性
僕もiPhone5sを使っています。僕の場合は、以前ハマっていたゲームが配信を終了してしまったのですが…まだホームにアイコンが残っていて、機種変更をしたらこのアイコンも消えるのかと思うと、どうしてもためらってしまって買い替えるタイミングを完全に逃しています。
編集長
なるほど…様々な事情があるんですね。

*購入してから2年で買い換えを検討する人が多かった!*

編集長
私もiPhone7のredを使っていますが、まだまだ現役でバリバリ動いてくれます!

しかし意外にも、iPhoneを購入してから2年が経過しているユーザーの中で、買い換えの検討をしているユーザーは半数を占めていました。

女性
Xが出て、写真のクオリティーが凄いので興味があります…7じゃ物足りないかなー。電池もそろそろもたなくなってきたし、買い換えます!
男性
処理速度や画面の大きさが他の機種より劣っているように見えちゃったので、近いうちに買い換える予定です。
編集長
半数の人は2年周期で新機種に買い替えることが多いみたいですね。 

今回アンケートにご協力いただきましたiPhoneユーザーの皆様、ありがとうございました!

まとめ

SmaPlaスタッフ
iPhoneに寿命がきてしまうのは仕方のないことです。バッテリー交換後や、新機種を購入した後も長く快適に利用していけるように、正しく適切な使い方を心がけていきましょう。
編集長
バッテリーに優しい充電方法などを実践していきながら、最後まで丁寧に使ってあげたいものですね!
iPhone修理のご依頼はSmaPlaまで。故障やトラブル、どんなことでもご相談ください!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!