Bluetoothが繋がらない6つの原因|原因不明の場合の対処法も解説

iPhoneなどで音楽を聴くときにBluetoothイヤホンやスピーカーを使用することは、今では一般的になりました。

最近では外出先でパソコンを使う際にテザリングでBluetooth接続をする人もいるでしょう。しかし、たまにBluetoothが上手く繋がらない場合があります。そんなときは、どう対処すれば良いのでしょうか。

今回はBluetoothが繋がらない場合に考えられる6つの原因と対処法について解説します。ぜひ参考にしてください。

Bluetoothが繋がらない原因と対処法

Bluetoothが繋がらない原因は、主に以下の6つが考えられます。

  • スマホのBluetoothがオフになっている
  • 接続したい機器とペアリングできていない
  • 接続したい機器と距離が離れている
  • 機器との間に障害物等が存在する
  • 接続したい機器のバッテリー残量が少ない
  • 接続したい機器との互換性がない

スマホのBluetoothがオフになっている

まず、Bluetoothがオフになっている可能性が考えられます。

「Wi-Fiをオフにしたつもりが、間違えてBluetoothをオフにしていた」という可能性もあるので、Bluetoothが繋がらない場合、まずはBluetoothがしっかりとオンになっているかチェックしてみましょう。

【対処方法】

ホーム画面から下にスワイプして、Bluetoothの「B」マークが青色になっているかどうか確認してください。

接続したい機器とペアリングできていない

Bluetooth機器を使用する場合、デバイスと機器を繋ぐためにペアリングをする必要があります。そもそもペアリングができていないとBluetoothが繋がりません。

一般的に、ペアリングの手順は次の通りです。

  1. 機器のボタンを長押しする
  2. 画面に表示される入力欄にPINコードを打ち込む

ただし、ペアリング方法は機器によって異なります。使用したい機器の説明書を確認し、PINコードの入力が必要な場合は入力ミスがないか再度確認してみてください。

【対処方法】

【iPhoneの場合】

  1. 「設定」から「Bluetooth」を開く
  2. 「自分のデバイス」の欄を確認する
  3. 接続したい機器の名前が表示されていればOK

【Androidの場合】

  1. 「設定」→「無線とネットワーク(接続機器)」→「Bluetooth」の順で開く
  2. 「ペアリングされたデバイス」の欄を確認する
  3. 接続したい機器の名前が表示されていればOK

接続したい機器と距離が離れている

接続したい機器とiPhoneが離れていると、Bluetoothの電波が届かない可能性があります。

Bluetooth機器にはClass1〜3の電波強度がありますが、一般的にはClass1(最大通信可能距離100m)とClass2(最大通信可能距離10m)が使われています。

【対処方法】

接続したい機器のClassを確認する

機器との間に障害物等が存在する

距離に問題がなくても、Bluetooth機器とスマホの間に壁などの障害物があるとペアリングの妨げとなる場合があります。

また、2.4GHz帯のWi-Fiや電子レンジから発生する電磁波もBluetoothの接続に影響がでます。

これらの機器が原因でないか、周囲を一度確認してみてください。その場合は、スマホの近くにペアリングしたい機器を持ってくるようにしましょう。

【対処方法】

周辺にペアリングの障害となりそうなものがないか確認する

接続したい機器のバッテリー残量が少ない

接続したい機器のバッテリー残量が少ない場合は、Bluetooth接続が切れやすくなる場合があります。

iPhoneなどのスマホ本体に問題がない場合は、接続したい機器のバッテリー残量を確認してみましょう。

【対処方法】

Bluetooth機器の充電をしっかり行ってから接続しなおす

接続したい機器との互換性がない

Bluetoothのバージョンは年々新しくなりますが、古いスマホの場合は最新のBluetoothの規格に対応できていない場合があります。

基本的に「4.0」のバージョンであれば、2009年発売のiPhone5でも互換性があります。また、4.0と比較して通信範囲が4倍の「5.0」でもiPhone8以降のデバイスなら問題ありません。

ただし、2020年に登場した「5.2」だと、古いスマホによっては互換性が上手く行かない場合があるので、注意が必要です。

【対処方法】

iPhoneのバージョンとBluetooth機器のバージョンをそれぞれ調べる

原因が分からない場合の対処法

色々と確認してみたけど原因が分からない場合は、以下の方法を試してみましょう。

  • 再起動する
  • ペアリングの解除・再接続
  • 別のBluetooth機器とペアリングしてみる

再起動する

iPhoneなどスマホが、一時的に不具合を起こしている場合があります。その場合は再起動をしてみましょう。

再起動をすることで一時的な不具合がリセットされて、Bluetoothが繋がる可能性があります。

ペアリングの解除・再接続

基本的には「機器のボタンを長押しする」や「PINコードを入力」すれば、ペアリングできます。

しかし、何らかの不具合が起きて、ペアリングが上手くできていない場合があります。その場合は、一度ペアリングを解除して再度接続を試みましょう。

【iPhoneでペアリングを解除する場合】

  1. 「設定」→「Bluetooth」の順で開く。
  2. 解除するデバイスの「i」マークをタップする。
  3. 「このデバイスの登録を解除」をタップする。
  4. 画面下に表示される「デバイスの登録を解除」を選択する。

【Androidでペアリングを解除する場合】

  1. 「設定」→「無線とネットワーク(接続機器)」→「Bluetooth」の順で開く。
  2. 解除するデバイスの「歯車⚙」マークをタップする。
  3. 「ペアリングされたデバイス」をタップする。
  4. 「ペアリングされたデバイス」の「切断」or「ペアリング解除」を選択する。

以上の手順でBluetoothのペアリングを解除して、再接続することでペアリングが上手く行く場合があります。

別のBluetooth機器とペアリングしてみる

Bluetoothが上手く繋がらないときは、お持ちのスマホと別の機器でBluetooth接続してみるのがおすすめです。

その場合に、別の機器とペアリングできれば、本来 接続したかった機器に問題があるかもしれません。故障の場合は、Bluetooth機器の返品・交換を販売元に相談してみてください。

別の機器ともペアリングできない場合は、スマホ本体に問題があるかもしれません。その場合は再起動か、ペアリングを解除してからの再接続を試みてください。

それでも解決しない場合は、スマホ本体の故障も考えられます。iPhoneならAppleサポートセンターに、Androidならデバイスのサポートセンターか、契約している大手キャリアに相談してみてください。

まとめ

今回は、Bluetoothが繋がらない場合の原因について解説しました。多くはスマホの再起動、もしくはペアリングの解除と再接続で解決する場合が多いです。

ただし、繋がらないのは今回紹介した原因が考えられるので、ぜひ参考にして対処してください。

どうしても解決しない場合は、スマホかBluetooth機器の故障も考えられるので、販売元に相談してみましょう。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!