iPhoneが充電されない!ケーブルのせい?それとも本体?原因と対応策を紹介。

 

「普通に差し込んでも反応してくれないから、角度かえたり端子をいじったりしてる。」「ある時から充電できなくなった」「80%から先が充電されない」

このような症状、iPhoneユーザーなら100人中80人くらいはなった事あると思います。

もはやiPhoneあるあるになりつつある、充電できない現象。一体何が原因で起こっているのでしょうか…

 

この時代手元からiPhoneが1日でも離れるだけでも、相当ストレスになりますよね。

 

充電できない原因に関してはApple側でもアンサーを出しています。

そこで今回、Appleの公式対処方法も踏まえつつ、さらにiPhone修理店の知恵を絞り、考えられる原因と対処法を紹介していきます。

もしかしたら一時的な症状

 

すでに試している方がいましたら飛ばしてもらって結構です。

一時的な不具合がiPhone側で起きている事で、充電端子が感知されず充電できないケースも稀にあります。

システム側の問題だったりするので、絶対になおると言い切れることはできませんが、まだ試していない方は一度トライして下さい。

再起動方法


出典:Apple公式より

iPhoneX
  1. サイドボタンと音量調節ボタンを長押し。
  2. スライダが表示されたらドラッグ。(約3~5秒かかります)
  3. 端末の電源が切れたら、サイドボタンを「リンゴマーク」が出るまで長押し
iPhone8以前
  1. 上部ボタンまたはサイドボタンを長押し
  2. スライダが表示されたらドラッグ。(約3~5秒かかります)
  3. 端末の電源が切れたら、上部またはサイドボタンを「リンゴマーク」が出るまで長押し

これで再起動が完了します。

起動するまで時間がかかるのでリンゴマークが出るまで待ちましょう!

もし再起動を試したあと充電ケーブルを挿しても反応しない場合は以下の項目をチェックしていきましょう。

ケーブルに反応しないor時間がかかる場合

充電ケーブルを確認

充電に使っているケーブルの状態はどうでしょうか。

もちろんコンセントなどにはしっかり刺さっているかと思います。が、「断線」や「端子」が曲がっていたり、損傷が確認できますか?

充電中にiPhoneを落としたら、無理やり引っ張って抜いたりしてたりすると、断線や破損の原因になります。

SmaPlaスタッフ
外側から確認できない為何とも言えませんが、他のケーブルにかえたら充電できた!というケースは意外に多いんです。

もし借りたケーブルで充電ができた場合は、新品のケーブルを購入しましょう。

正規品のもの?

そのケーブル100均のものではないですか?

安価なケーブルは断線や破損がしやすいため推奨はしません。

Apple純正かAppleの認証が受けられている『MFi認証』の製品を使用しましょう。

MFiとは「Made for iPod / iPhone / iPad」の略称。

Appleが定めた性能基準を満たされているもの保証した認証ロゴです。

電源アダプタの不調…

直接コンセントに差し込む電源アダプタに問題があることも…

滅多に故障することはないと思いますが、可能性は0ではありません。

 

SmaPlaスタッフ

充電ケーブルはパソコンにも挿しこむことができるので、もし充電できたら電源アダプタが原因で充電できていないことが考えられます。

 

こちらも充電ケーブル同様、Apple純正品を使用を推奨します。

差込口に埃がたまっていないか

充電ケーブルの挿しこみ口を覗いたことありますか?

 

ポケットに入れてたり、鞄の中に入れていたりすると、日々埃が溜まっていきます

もしかしたら異物も付着している時も…それが原因で接触不良を起こしている可能性があります。

 

そんな時使うと良いのが「つまようじ」「布」

つまようじで異物を取り除き、布で異物をふき取ってみてください。

SmaPlaスタッフ
差込口内の埃を取り除くとき、先端が鋭利で堅いもの、例えばシャーペンの先端などを使うと、ポート内を傷つける危険性があるのでオススメはしません…。

せめて「つまようじ」です。

電源コンセントを使う

たこ足配線のタップやパソコンのUSBポートなどが原因で充電ができていなかったケースもあります。

別口を試してみても反応がない場合は、直接電源コンセントに接続してみてください。

充電が80%以上されない…

 

ごくまれですが、充電中や負荷のかかるアプリなどを使用している時、iPhoneが熱を帯びてくると充電が80%で止まる事があります。

 

これはバッテリーが熱くなりすぎると、バッテリーの寿命をまもるため、iPhoneのソフトウェア側で80%以上の充電を制限するシステムです。

 

温度が差がさがると、再び充電がされるようになるので、風通しのよい涼しい場所に充電器を移動してみましょう。

警告が表示される場合

 

「アクセサリーはサポートされていません」「認定されていません」

このような警告が表示される原因は、端末の充電差込口が汚れていたり、破損していたり、充電ケーブルが破損、断線しているか…。

また良くあるのが、Appleの認定品ではない充電ケーブルを使用している際に警告が出たりすることがあります。

以下の方法が推奨されているので試してみましょう。

  1. 端末の底部の充電差込口の異物を取り除く
  2. 端末を再起動する。
  3. ほかの充電ケーブルや電源アダプタを試す。

色々試した結果、解決しない場合

 

ここまでで紹介してきた症状の対処法を試したが、それでも治らないという方。

iPhone端末の充電口が故障していたり、バッテリーが異常を起こしている可能性が高いです。

編集長
もう買い換えをしろってことでしょうか…寿命ですか…
SmaPlaスタッフ
ちょっとお待ちを!買い換えを検討する前に、1度わたしたちにご相談ください!

修理費もお安いので、色々充電器を買って試すよりも確実ですよ♪

 

編集長
修理となると少し考えたいのですが…それでもいいんですか?
SmaPlaスタッフ
修理のことだけでなく、iPhoneに関するご相談も多いんですよ。実際に専門のスタッフが在中しているので、お気軽にお声がけください。 

 

さらに、smaplaはでっかい商業施設の中に入ってるので買い物ついでに修理を依頼することも可能!

修理時間も最短で10分…手元から離れる時間が短いので安心できます。

 

編集長
充電に悩まされたら近くの修理店へレッツゴー!

 

 バッテリー交換ライトニングコネクタ
iPhone88500円-
iPhone8Plus8500円-
iPhone77000円-
iPhone7Plus7000円-
iPhone6s6500円8000円
iPhone6sPlus6500円9000円
iPhone66000円6000円
iPhone6Plus6000円8000円
iPhoneSE4500円6000円
iPhone5S4500円6000円
iPhone5C4500円6000円
iPhone54500円6000円

 

Smapla店舗

全店舗大型商業施設内にありますのでアクセスも良く、安心で安全、オシャレで清潔な店内です。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!