iPhoneを使いすぎて目が痛くなったときの対処方法!

SmaPlaスタッフ
iPhoneを長時間使用していて、目が痛くなったり頭痛を起こしたりしていませんか?
編集長
あります!しかも、iPhoneを使い始めた頃よりも頻度が増えた気がします…。
SmaPlaスタッフ
それは、デジタル製品による目への負担が重くなることによって引き起こされる眼精疲労かもしれません。
眼精疲労は、現代において便利なツール・iPhoneを使用する際に切っても切れません。
今回は、普段iPhoneを手放せない方のために、目が痛くなった時の対処法を3つご紹介します!

「色を反転(スマート)」機能を使う

iPhoneには、いわゆる「ダークモード」という機能がありません。しかしiOS10から、新機能としてディスプレイをデフォルトの白色基調から黒色基調にする「色を反転」という機能が追加されました
これがiPhoneの実質的なダークモードであると言えますが、この機能を使用すると、カメラで撮影した写真の色も同時に反転されてしまうため、あまり実用的ではありませんでした。

iOS11では、この「色を反転」機能が進化して「スマート」が追加されました。「スマート」は、従来どおりディスプレイの色が黒色基調に反転しますが、写真や動画、元々暗い色のアプリ等はこの機能を使用している時にも色が反転されなくなりました。
これによって、iPhoneのダークモードは実用的になり、眼精疲労を軽減させることが可能となったのです。

iPhoneのスマート機能の設定は、次のとおりです。

1.「設定」内の「一般」から「アクセシビリティ」を開く

2.「ディスプレイ調整」の「色を反転」を選択

3.「反転(スマート)」をオンに設定する

 

この機能を設定している間、ラインなどでは送受信されるスタンプや写真の色は反転しないものの、トーク画面や絵文字の色は反転するため、好みが分かれる機能かもしれません。
しかし、スマート機能は黒色基調なので、この機能を設定していない状態よりも目の疲れを感じにくいです。
ぜひ試してみてください。

「Night Shift」モードに切り替える

「Night Shift」は、名前のとおり夜間のiPhone使用時にディスプレイの色が変化するものです。変化後の色は目にやさしい暖色で、普段のディスプレイのブルーライトの量を軽減してくれる機能です。
ブルーライトは、就寝前に目に浴びせることによって、睡眠に悪影響を与えるといわれています。そこで、この「Night Shift」機能を使用することで、ブルーライトをカットさせ、睡眠への悪影響を防御することが可能なのです。

「Night Shift」機能の設定方法は以下のとおりです。

1.「設定」内の「画面表示と明るさ」を開く

2.「Night Shift」をタップし、「時間設定」で機能が起動する時間の設定をする

3.スライダーで好みの色に調整する

目元のケアや軽いストレッチ・マッサージ

iPhoneを長時間使用することで引き起こる目の疲れには、目へのケアをしっかり行うと効果的です。眼精疲労を回復させるのにオススメの商品が「ホットアイマスク」です。
ホットアイマスクには、

  • 使い捨てタイプ
  • 電子レンジで温めて使用するタイプ
  • 充電して使用するタイプ
などがありますので、使いやすいと感じたホットアイマスクで目元ケアをしましょう。

また、目の疲れを解消してくれる軽いストレッチやマッサージも効果的です。
眼精疲労軽減のためのストレッチや、目元のマッサージには、次のようなものがあります。

1 こめかみ部分・目頭部分のマッサージ

  • こめかみ

こめかみは、頭痛や目の充血に効果的なツボです。
手をパーにした状態で、5秒程度押して圧迫し、その後離しましょう。

  • 目頭

目頭には眼精疲労に効くツボがあります。
目頭部分は、指先で5秒程度「すこし痛いな」という程度の力で圧迫し、指先を目頭から離します。

それぞれこの動作を何度か繰り返すことで、目の疲れを軽減できます。

2 眼精疲労に繋がる肩こり解消のストレッチ

iPhoneを長時間見ることで、目の筋肉へ大きな負荷がかかるため、眼精疲労になりやすくなります。目の筋肉と繋がっている肩囲りの筋肉にも同時に負荷がかかっているからです。

眼精疲労回復のために肩こりに効果的なストレッチは、

  • 背筋を伸ばします。
  • 息を吸いながら肩を高く上げます。
  • 息を吐きながら上げた肩を落とします。
  • このストレッチを10回程くり返します。
また、肩を軸にして両腕を大きく前後に回すストレッチも、肩こりに効果的です。

まとめ

iPhoneは、日常に必要不可欠なアイテムです。しかし使いすぎると、自分の目を痛めてしまったり、体調に支障をきたしてしまう可能性があります。

編集長
身体に支障が出ない程度にiPhoneを使用することを心掛けてくださいね!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!