iCloudストレージ容量不足を解消する方法

編集長
iCloudストレージの空き容量が不足しています」というメッセージが表示されてしまいました。
SmaPlaスタッフ
iCloudストレージはiPhone端末にとって、とても重要なものです。出来るだけ早いうちに十分な空き容量を作ってあげましょう!

iCloudストレージ

iCloudストレージは、Appleが無料で提供するオンラインクラウドストレージです。

iPhone・iPadユーザーはiCloudのストレージ容量を5GBまで無料で利用することができます。
設定などをバックアップするには十分ですが、画像や動画・音声ファイルなどの大きなファイルを保存しておくには十分な容量ではありません。
バックアップを自動で行うよう設定しておくと、iCloudストレージ容量はどんどん少なくなっていってしまいます。

iCloudストレージの容量が不足しているときの解決法

iCloudストレージの容量が不足しているときの解決法は主に2つです。

1.iCloudに保存されているデータを移動・削除する

メール(メッセージ)、写真、メモ、ファイルなどのデータの中で、それぞれ不要なものがそれなりに出てくると思います。
意外に盲点なのが、留守録や、ボイスレコーダーで録音した音声データです。
件を確認し終えた留守録や、メモのためにと録音していた音声はストレージを圧迫してしまうので、一度確認してみてください。

不要になったコンテンツは削除し、iCloudストレージの空き容量を増やしましょう。
コンテンツを削除する前にiCloudに保存している情報をコピーしておくと安心です!

2.iCloudストレージをグレードアップ(有償プランに変更)する

iCloudの容量は、有料で増やすことができます。

合計 50GB(¥130/月)、200GB(¥400/月)、2TB(¥1,300/月)の中からプランを選ぶことができます
200GB、2TBのプランを選ぶと家族と分け合うことも可能です。
ストレージはすぐにアップグレードされ、プランの購入日にしたがって毎月の支払い日が設定されます。

ストレージプランの料金はプランをダウングレードしない限り毎月請求されますが、いつでもダウングレードすることが可能です。

iCloudストレージの空き容量が不足しているとどうなる?

iCloudストレージの空き容量が不足したままだとどうなるのでしょうか。
「不足しています」というメッセージが表示されても気にしない、という手もあります。実際に、それほどまでに困ってしまうような不具合は起きません。
ですが、念のために確認しておきましょう。

iPhoneデータのバックアップができなくなる

iCloudストレージの空き容量が不足すると、デバイスに保存されているデータがiCloudにバックアップされなくなります。新たに撮影した写真や動画もアップロードされなくなり、ゆくゆくはiCloud自体にデータを保存しておくことができなくなってしまいます
iPhone端末内にデータを保存できなくなった際に、かなり不便な状況になってしまいます。

iCloudに関するメールを送受信できなくなる

iCloudドライブや、その他のiCloud App、テキストメッセージの最新情報がデバイス間で同期されなくなるため、iCloudメールアドレスにおけるメールの送受信ができなくなります。

データが削除されてしまう

ストレージ容量が足りないままの状態で180日以上バックアップされないと、iCloud内にあるデータが削除されてしまうことがあります。

自動バックアップ・自動アップロード設定は必要ない限り停止しておく

自動バックアップ・自動アップロード設定は、急を要さないのであれば停止状態にしておきましょう。
すべてのデータをバックアップすると、本当に必要なデータが出てきた時にバックアップできないという状況になってしまう可能性もあります。

まとめ

iCloudストレージはiPhoneにとっても大切な役割を果たしてくれるものです。

SmaPlaスタッフ
「iCloudストレージ残りわずか」という表示が出て来るようになったら、iPhone内の写真をはじめとする様々なデータを整理し、iCloudのストレージに余裕を持たせてあげるようにしましょう。
iPhone修理のご依頼はSmaPlaまで。故障やトラブル、どんなことでもご相談ください!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!