iPhoneが5Gに対応すると何がどうスゴい?特徴・できるようになることまとめ

5G対応のiPhoneの新シリーズが、2020年に発売されるという情報が有力となっています。そもそも5Gとはいったいどういうものなのでしょうか。そして、5Gでは何ができるのでしょうか。

今回は、2020年注目の次世代移動通信システム「5G」の情報をまとめました。

「5G」とは

「5G(ファイブジー/ゴジー)」とは、第5世代の次世代移動通信システムで、「5th Generation」の略称です。

5Gと聞くと、5GHz、5Gbyte、5Gbpsなどの種類があるため、大変混同されがちなIT用語です。

しかし、5Gは「通信規格」、5GHzは「電波の周波数」、5Gbyteは「通信・ストレージのデータ量」、5Gbpsは「通信速度」の事を指すため、意味としては大きな違いがあります。

種類意味
5G(ファイブジー/ゴジー) 通信規格の世代
5GHz(ギガヘルツ)電波の周波数
5Gbyte(ギガバイト)通信・ストレージのデータ量
5Gbps(ギガビーピーエス)通信速度

5Gの特徴

2020年3月現在、主に通信規格4Gが主流の移動通信システムでしたが2020年春から、次世代通信規格として5Gのサービスが開始されると言われています。

5Gは4Gと比較すると、以下の点で優れているといわれています。

  • 超高速通信・大容量
  • 超低遅延
  • 多数同時接続可能

超高速通信・大容量

5Gは超高速通信であり、容量もこれまでと比べて大容量になります。今までよりも速く、より多くの情報量を交わすことができるようになるのです。

通信速度は、4Gでは最大1Gbpsだったものが、5Gでは20倍の20Gbpsまで拡張されます。数字だけ見ても超高速だということがイメージできますね。

超低遅延

5Gでは、通信の際の遅延が低くなります。4Gでは0.01秒だったものが、5Gでは0.001秒となるため、大幅に短縮されることになります。

通信のタイムラグが減るので、リアルタイム性のあるオンラインゲームなどを今まで以上に快適に利用することができるように!

多接続可能

5Gでは、一度に多数のデバイスで接続が可能になります。

4Gの場合、ライブやイベントなどで多くの人が集まる場所では、多くのユーザーが通信しようとするため、接続しきれずに通信できなくなることがありました。5Gではそのようなことが起こりにくくなります。

5Gでできるようになること

4Kや8Kの高精細な映像を見ることができる

5Gは4Gに比べて通信速度が20倍になるため、4Gでは不可能だった4Kや8Kなどのより高精細な映像を楽しむことができます。

データ量が無制限になる

5Gではデータ通信速度が高速になり、さらに多接続が可能であるため、データ量が無制限になるということが考えられます。

データ量が無制限となれば、ゲームや動画再生などの通信容量が大きいものでも通信制限を気にせずに利用することができそうです。

迫力ある映像を楽しめる

ライブ会場やスタジアムでは、「スタジアムエンターテインメント」というサービスがあり、会場内に設置された複数のカメラで映された迫力のある映像を楽しむことができます。

会場内の好きな角度のカメラが映すリアルタイムの映像を、iPhoneやiPadから高画質でほぼ遅延なく観ることができるため、自身が実際に会場内にいるような感覚を味わうことができるようになります。

5Gはいつから?

5Gは、大手通信会社において、すでに2019年秋から試験運用を開始しており、2020年春から商用サービスを開始する予定としています。これは、2020年のオリンピックに間に合わせるためのスケジュールと考えられます。

5Gの周波数帯割当はすでに完了しているとのことで、大手通信会社4社(KDDI、NTTドコモ、ソフトバンク、楽天モバイル)では5Gの実装がほぼ確定していると考えていいでしょう。

4Gから5Gへの切り替えは、徐々に行っていくものとされており、日本国内で5Gのサービス提供が始まっても、いきなり4Gが使えなくなるというわけではありません。4G対応のiPhoneは今後もしばらく利用可能です。

アメリカや韓国などの国外の一部地域では、5Gのサービスがすでに開始しているので、日本での実装も間近でしょう。

まとめ

今回は、次世代移動通信「5G」についてご紹介しました。

5Gの超高速通信・超低遅延・多接続という特徴は、今後も進化し続けるであろうインターネット社会で大いに活躍してくれるでしょう。

日本での5Gサービス開始は少し先になりますが、より快適にiPhoneを利用できると考えると、楽しみですね。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!