【iPhone】バッテリー交換はどこでできる?知っておきたいバッテリー交換情報

SmaPlaスタッフ
同じ機種のiPhoneを長く使い続けていると、iPhoneのバッテリーはどんどん劣化していきます。

Apple正規店・提携店

手元にあるiPhoneがApple製品限定保証やAppleCare+の保証対象である場合は、バッテリーを無償で交換してもらえます。

修理オプション

Appleに修理を依頼する際、いかなる場合でも事前予約が必要です。

配送修理

住んでいる地域にApple Storeがない場合や、正規プロバイダが近所にない場合などはAppleリペアセンターiPhoneを配送して修理してもらう方法が取れます。
Appleリペアセンターへの配送を手配すると、Appleが指定している配送業者の方が集荷に来てくれます。バッテリー交換をしたいiPhoneを配送員の方に渡し、5日間〜1週間ほど待てば、修理が完了したiPhoneが手元に返ってきます。

持ち込み修理

Apple Store直営店やApple正規サービスプロバイダ、通信業者へ直接iPhoneを持ち込むと、可能な限りその場で修理して返却してくれます。修理する内容によってはリペアセンターに送ることになる場合もありますが、基本的には即日即行でiPhoneの修理は完了します。

※持ち込み修理をする場合、それぞれの店舗へ事前確認・事前連絡が必要です。また、本人確認のために身分証明書と購入証明書が必要になる場合があります。本人確認書類と、購入時のレシートを一緒に持って行くと安心です。

費用

保証期間内であれば無償でバッテリー交換・修理を行ってくれます。保証期間の内外関係なく、「バッテリーサービスを申し込む」からオプションを選択し、手続きをすれば見積もりが出ます。基本料金は3,200円のようです。

修理前に必ずデータのバックアップをしておく

配送修理・持ち込み修理に関わらず、Appleに修理を依頼すると修理に出す前にiOSデータのバックアップをしておく必要があります。また、事前に「iPhoneを探す」などの設定をオフにしておかなければ修理が行えない場合があります(正式な許可のない第三者がユーザーに無断でデバイスを修理するのを防ぐため)。

データのバックアップについては以下の記事でご紹介しています!

もう失敗しない!iPhoneのバックアップと復元の手順を一気にご紹介します!

2019.06.07

iPhone修理店

面店や、大型商業施設内に店舗があるなど、ユーティリティが高いiPhone修理専門店。
どうしても「本当に信頼していいのか不安」という印象を抱いてしまいがちです。
国が指定する検査を通過した修理店舗の証明でもある総務省登録修理業者の表示があれば、省令で定められている要件を満たしていることになるので、安全性はかなり高いと言えます。

SmaPlaスタッフ
SmaPlaは全店舗「総務省登録修理業者」となっています。安心・安全には徹底しておりますので、ぜひご利用ください!

修理が必要な度合いにもよりますが、基本的に受け取った日の内に返却してもらえるので、手元からiPhoneがなくなる不安も無く、代替機などを準備する必要もありません。

バッテリー交換のみであれば、最短約10分程度で修理を完了してくれる修理店もあります。

費用

バッテリー交換にかかる費用は、iPhoneのモデルや修理する店舗によってピンキリですが、約4,000円〜8,000円程度で修理してもらえるようです。(別途で「作業工賃」がかかる場合もあります。)

データは?

基本的にどのiPhone修理店でも、データはそのままで修理をしてくれるようです。
なので、事前にデータのバックアップを行う必要はありませんが、もしも不安が大きいようであれば念のためにバックアップをしておきましょう

自力で交換

少々荒技になりますが、バッテリー交換を自分の手で行うという方法もあります。

費用

自分でバッテリー交換を行う場合、専用のキットとバッテリーを購入して行います。
キットは約3000円程度の値段で購入することができ、バッテリーは約2,000〜3,000円程度の値段で購入することができます。

webや動画を見ながら手順を追っていけば自力でもバッテリー交換は可能ですが、主に通販サイトなどで販売されているバッテリーは種類と性能がピンキリであるため、iPhone端末との相性が悪い場合も出てきます。
また、無理にバッテリー交換を自分で行うと、iPhoneの故障に繋がってしまうこともあるので、自分でバッテリー交換を行う場合は全て自己責任となり、予想していた費用よりも大幅にかかってしまう可能性も高いです。

データは?

全ての工程を自分自身で行うため、プライバシーは守られますが、なんらかの原因でデータが破損してしまう危険性があります。
無くなってしまうと困るデータをあらかじめバックアップしておくか、無理に自分ひとりの力だけで直そうとせず、プロの修理業者を頼りましょう。

まとめ

今回は「iPhoneのバッテリーはどこで交換できるのか」ということについてご紹介しました。

SmaPlaスタッフ
出来るだけ無理のない範囲でバッテリー交換や修理などを行い、愛用しているiPhoneと長く付き合っていけるようにしましょう!
iPhone修理のご依頼はSmaPlaまで。故障やトラブル、どんなことでもご相談ください!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!