そろそろ買い換え?iPhoneの寿命を少しでも感じたときに読む記事。

うきうきと新品のiPhoneを手にしたのも今は昔。

「最近、iPhoneの動作のサクサク感が全く感じられない・・・」

「なんだか充電の減りが早くなってる気がする・・・」

いつからかiPhoneの動作にイライラしている自分。頭をよぎる〝 iPhoneの寿命〟の文字・・・。

「まだ使えそうだけど、いつまで使えるんだろう?」

「他の人ってどれくらいで買い替えているものなの?」

と、疑問がわいてきます。いっそ壊れてしまったら「買い替えるしかない」と諦めもつきますが、ただなんとなくiPhoneの寿命を感じているときってもやもやしますよね。

こんにちは、SmaPlaメディア編集部です。

SmaPlaスタッフ
今回は、iPhoneを使っていると直面する「iPhoneの寿命ってどれくらいなの?」「買い替えのタイミングは?」といった皆さんの疑問に、ズバリお答えします!
編集長
実際にiPhoneを使っているユーザーに使用歴について聞いてみました…長持ちしてくれないとね!

それでは行ってみましょう!

iPhoneの寿命についてAppleが言及

編集長
iPhoneの寿命ってどれくらいなんでしょうか。

Appleの公式サイトには、iPhoneの耐用年数について以下のように記載されています。

この評価では、1人目の所有者を基準にした使用年数を、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年にするモデルを採用しています。ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く、多くの場合1人目の所有者から別のユーザーに譲渡または転売されるか、Appleによって回収されます。

出典:環境 – よくある質問 – Apple(日本)

Apple社のほとんどの製品は少なくとも3年は持つということですね!

iPhoneは2年契約のキャリアも多いですが、寿命は少なくとも3年以上。意外と長いんです。

そのiPhone何年使ってますか?100人に聞きました。

Appleは3年といっていますが、実際のところ皆さん何年くらいiPhoneを使っているんでしょうか?

編集長
ちなみに私がつかっているiPhone7はちょうど2年くらいです…多分…。

iPhoneユーザー100人に聞いた統計としては、

  • 1年未満…21人
  • 1年以上2年未満…32人
  • 2年以上3年未満…29人
  • 3年以上4年未満…11人
  • 4年以上5年未満…3人
  • 5年以上6年未満…4人

という結果になりました。

4年以上つかっている人はiPhone6シリーズを使っているそうです

編集長
5年って相当ガタがきてそうなんですが、買い替えの検討はしてますか?
女性
そうですね。iPhone5sを使っているのですが、これといった不具合も出ていないので、まだこのまま使用したいと思っています。
男性
僕は課金してまえハマっていたゲームが配信終了してしまったので…ホームにアイコンが残っていて機種変更したらこのアイコンもなくなってしまうと思う悲しくて買い替えるタイミングを完全に逃しています。
編集長
なるほど…そういった事情もあるんですね。

2年以上の方はiPhone7が一番多い結果

編集長
私もiPhone7のredを使っていますが、まだまだ現役でバリバリ動きます。

少し以外で驚いたのが、買い換えの検討をしている方が半数を占めていたことでした。

女性
Xが出て、写真のクオリティーが凄いので興味があります…7じゃ物足りないかなー。電池もそろそろもたなくなってきたし、買い換えます!
男性
処理速度や画面の大きさが他の機種より劣っているように見えちゃったので、近いうちに買い換えます
編集長
半数の人は2年周期で新機種に買い替えるパターンが多いみたいですね。 

買い替えを検討しようと思ったタイミングで一番多かった声が

「バッテリーが持たなくなった」「バッテリーの消耗がはやくなった」という事でした。

寿命に影響が出る使い方

iPhoneの耐用年数は3年以上ですが、無理な使い方をすると寿命が縮んでしまうかも。

知らないうちに、iPhoneの寿命に影響が出る使い方をしていませんか?

【NG】暑い場所・寒い場所で使う

iPhoneは精密機械なので、夏場の車の中や真冬の屋外などの極端に暑かったり寒かったりする環境下では、バッテリーの消耗が早くなってしまいます。

公式ページにも

iOS デバイスは周囲の温度が 0° ~ 35℃ の場所でお使いください。低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。動作温度を下回る極端な低温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの消耗が早くなったりデバイスの電源が切れたりすることがあります。より温度の高い場所にデバイスを戻すと、バッテリーの駆動時間も通常の状態に戻ります。極端な高温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの持ちが悪くなることがあります。

出典:Apple公式

という記載があります。なるべく常温の範囲で使用したいところですね。

【NG】電池を使い切る、フル充電する

電池は使い切ってから充電した方がいいと思っていませんか?

充電するなら、100%満タンにしたくなりませんか?

実は、どちらもiPhoneの寿命を早めてしまう行為!!

iPhoneのバッテリーに搭載されているリチウムイオン電池には、電池残量が著しく少ない時とフル充電に近い時、どちらも高い負荷がかかっているんです。

充電が切れっぱなしだったり、電源に繋ぎっぱなしでゲームをしたりしていると、iPhoneのバッテリーは消耗してしまいます。

バッテリーにとって好ましいのは、電池残量20%〜80%の状態。

常にキープしておくのは難しいですが、iPhoneの電池はなるべく使い切ったり満タンにし続けたりしないようにしましょう。

寿命のサイン

いくら気をつけて使っていても、iPhoneに搭載されているバッテリーは消耗品。

充電の減りが早くなってきたな・・・」「前よりも動作が遅いなあ・・・」と思う時がやってきます。

放っておくと、ある日突然電源が付かなくなって困った状況になってしまうかもしれません。

・突然電源が落ちるようになった

・再起動することが増えた

こんな症状が見られたら、寿命が近づいてきたサイン。データのバックアップを取るなどしていざという時に慌てないようにしましょう!

バッテリー診断ツール

バッテリーは消耗品だと言っても、体感ではどれほど消耗しているのかわかりませんよね。

iPhoneには、消耗のレベルを診断できる本体機能やアプリがあります。

これらのツールを使えば自分で簡単にバッテリーの消耗具合を診断できるので、ぜひ試してみて下さいね。

iPhoneで確認

iOS11.3以降では、iPhone本体の機能でバッテリーの消耗レベルを知ることができます。

[設定]→[バッテリー]→[バッテリーの状態]で確認できますよ。

対応しているのはiPhone6以降の機種となっています。

 

こんな風に、バッテリーの状態がパーセンテージで表示されます。

バッテリーライフを使って確認

バッテリーライフは、ダウンロードして起動するだけでバッテリーの消耗レベルを表示してくれるアプリです。

ダウンロードして開くだけ!簡単ですが、iOS12以降は非対応となっているのでご注意ください。

バッテリー交換で長持ちする?

もしもバッテリーの明らかな消耗が感じられたら、バッテリー交換した方がいいかもしれません。

iPhoneの動作が鈍くなる原因のほとんどはバッテリーの消耗なので、バッテリーを交換すればパフォーマンスが復活!もういちど新品のように使うことができますよ。

Appleの公式サポートに依頼する場合、AppleCare+に入っていれば無料、加入していなくてもiPhoneX以上なら7,800円、それ以前のモデルなら5,400円で交換してもらえます。

iPhoneのモデルAppleCare+保証対象外
iPhoneX以降のモデル0円7,800円
iPhone8までのモデル0円5,400円

バッテリー交換は、SmaPlaでもお受けしています!

SmaPla店舗案内

SmaPlaスタッフ

SmaPlaなら、バッテリー交換の作業時間は10分程度!

様々な大型商業施設に出店しておりますので、お出かけのついでにどうぞ。

お急ぎの際にもぜひお立ち寄りください。

【SmaPla バッテリー交換価格表】

 バッテリー交換ライトニングコネクタ
iPhone88500円-
iPhone8Plus8500円-
iPhone77000円-
iPhone7Plus7000円-
iPhone6s6500円8000円
iPhone6sPlus6500円9000円
iPhone66000円6000円
iPhone6Plus6000円8000円
iPhoneSE4500円6000円
iPhone5S4500円6000円
iPhone5C4500円6000円
iPhone54500円6000円

まとめ

iPhoneの寿命は意外と長いということがわかりました!

長く使うとトラブルも増えますが、そんな時はぜひSmaPlaへ。

専門スタッフがトラブルを解決させていただきます。

今やなくてはならないiPhone。日頃からバックアップを取るなどして最後まで丁寧に使ってあげられたらいいですね!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!