iPhoneを初期化するとどうなる?初期化する前後の手順も一緒に知っておこう

「iPhoneが動かない…!そろそろ新しいモデルも出るし、売っちゃおうかな」

「今使っているiPhoneを友人に譲ることになったのはいいけど、データってどうすればいいんだろう?」

このような時に必要となってくるのがiPhoneの初期化です。

初期化方法は非常に簡単なのですが、注意点がたくさんあります。

一手間違えればデータが全て消えてしまった!という事にもなりかねませんし、譲渡先の人が操作できないしっかり削除したはずなのに個人情報が漏洩してしまっていたなど、様々なトラブルが起きる原因になってしまう可能性も非常に高いです。

最悪の事態を回避するためにも、iPhoneの初期化について理解しておきましょう。

iPhoneの「初期化」とは?

「iPhoneを初期化する」とは、「iPhoneを工場出荷時と同じ状態にする(iOSのバージョンは異なる)」ことです。

iPhoneを初期化すると、使用していた際に保存していた写真や音楽、連絡先、インストールしたアプリなど、個人的な情報は全てリセット・消去されます

iPhoneを初期化する前に確認・実践してほしいこと

本当に初期化が必要な状態か

「iPhoneに何かが起きた時はひとまず再起動!」と様々な界隈で言われているように、iPhoneに何か不具合が起きた時はまず再起動をしてiPhoneの様子をみてください。

初めから初期化をしなければいけないわけではありません。

不要なアプリを削除したり、写真や動画を削除することで不具合が解決する可能性も大きいので、あらゆる手段を尽くしてから初期化を検討しましょう

無くなると困るデータやファイルのバックアップはしてあるか

iPhoneに何かしらの不具合が起きると、再起動を始めとする様々な対処法を取っていくと思いますが、最終手段として取れるのが「iPhoneの初期化」です。

初期化を行うことでリセット・消去される内容は

  • 連絡先
  • 写真(動画)
  • 音楽
  • 送受信メール
  • Wi-Fi設定
  • 位置情報の設定
  • 機能制限
  • パスコードロック
  • アクセシビリティ設定

などの、ほぼ全てのファイルやデータです

初期化を実行するとiPhoneはほとんどまっさらな状態になってしまうので、大切なデータが本体に保存されている場合にはしっかりバックアップをしておきましょう

バックアップの手順は、以下の記事で詳しくご紹介しています!

もう失敗しない!iPhoneのバックアップと復元の手順を一気にご紹介します!

2019.06.07

初期化方法

iPhoneの初期化を決意し、バックアップもしっかり作成したら、いよいよ初期化に移ります。

セキュリティやプライバシーの関係上、初期化は必ず自分の責任下で、自分の手でやるようにしてください!

初期化の方法には「iPhone単体で初期化を行う方法」と「iTunesにつないで初期化を行う方法」の2パターンがあります。

iPhone単体で初期化を行う【約15分程度で完了】

1.「設定」アプリを開きます。

2.「一般」をタップします。

3.「リセット」を選択します。

4.「すべてのコンテンツと設定を消去」のほうを選択してください。

5.パスワード入力画面が表示されます。

6.iPhoneを消去」を選択します。

7.デバイスの消去が始まります。

※データが完全に消去されるまで時間がかかります。

iTunes(PC)に接続して行う【約15分で完了】

1.パソコンでiTunesを開きます。

2.iPhoneを付属のケーブルでパソコンに接続します。

「このコンピュータを信頼しますか?」とiPhoneの方にメッセージが表示されるので、「信頼する」をタップしてください。

3.iPhoneを選択します。

4.「概要」パネルから「iPhoneを復元」をクリックします。

5.確認画面が表示されるのでキャンセル以外をクリックします。

6.デバイスが初期化完了でき次第、再起動がはじまります。

もしも初期化ができなかったときは

万が一、上記の方法で初期化ができなかった場合、「強制初期化」という強制的に初期化を実行する方法があります。

このとき、iPhone本体のバックアップを作成しておくことに加えてiCloudの「iPhoneを探す」を必ずOFF設定にしてください

初期化が必要な時って?

初期化が必要とされる場面は大きく分けて4つあります。

  • 端末を譲渡する・売却する
  • iPhoneに不具合が起きたために手放す
  • パスワード、パスコードを忘れてしまった
  • iPhoneを紛失してしまった

それぞれの場面によって初期化の手順や準備が若干異なります。

iPhone端末を譲渡・売却するとき

やっておくこと
iCloud、iTunes Store、App Store からサインアウトする
設定」>「ユーザ名」>「サインアウト」をタップしていきます。
AppleIDのパスワードを入力して「オフにする」をタップで完了です。

現在使用しているiPhoneを売却したり、友人や家族に譲渡する場合、連絡先や写真、パスワードなど、あらゆる個人情報が入っている端末を初期化しないまま渡してしまうのはかなり危険です。

譲渡・売却する場合は個人情報を全て削除しておく必要がありますが、AppleIDやiCloudにログインしたまま手動で削除していくと、iCloudサーバーに保存されているデータやコンテンツが削除されてしまうので、必ずサインアウトしておくようにしてください。

不具合が起きたため復旧させたいとき

やっておくこと
データのバックアップを取っておく

不具合と言っても、そのケースは様々ですよね。

アプリが誤作動を起こしたり、タッチスクリーンがうまく反応してくれなかったりする場合、初期化して実際に誤作動が治る場合もあります。

また、修理に出す前にAppleサポートに初期化したかどうかを聞かれることがあります。その際は初期化が必要になります。

誤作動などの不具合は初期化しても治らなかった場合にのみサポートするというのがAppleのスタンスです。

パスワードを忘れてしまったとき

やっておくこと
データのバックアップを取っておく

「ロック解除のパスコードを忘れてしまった」

普段、指紋認証でロック解除している人のあるある話ではないでしょうか。

再起動した際にパスコードの入力は必須になるので、パスワードは必ず覚えておきましょう!

iPhoneのロック解除のためのパスコードがわからず入れない場合や、デバイスを使用できないというメッセージが表示された場合、

パスコードを6回以上続けて間違えて入力すると、「iPhoneが使用できません 〇分後にやり直してください」というメッセージが表示され、ロックアウされてしまいます。

最初は1分後に復活できるのですが、回数を重ね続けてしまうとその期間が1年以上にもなってしまう、ちょっぴり恐ろしい事案です。

何を試してみてもダメな場合、パスワードを削除するしか方法はありません。このとき諦めなくてはならないのが、バックアップの作成です。

これはいわゆる強制リカバリーモードを使って復元する方法なので、パスコードを忘れる前にバックアップを作成していない限り、iPhoneのデータを保護する方法はありません。

手順的には「デバイスを消去」したのちに「パスワードを削除」という流れになります。

SmaPlaスタッフ

残念ながら、パソコンをお持ちでない場合、ご自身での設定は行えません。

その際は近くのAppleStoreかiPhone修理専門店にお持ちください。

SmaPla店舗案内

iPhoneの修理・不具合の解消・初期化についてもSmaPla(スマプラ)にお任せください。

パスワード削除方法

1.iPhoneをパソコンにつないだ状態でiTunesを開く。

2.iPhoneを接続している状態で、強制的に再起動する。

【iPhoneX、8以降の端末を利用している場合】

音量を上げるボタンを押してすぐに離す。

音量を下げるボタンを押してすぐに離す。

リカバリーモードの画面が表示されるまで再度ボタンを押し続ける。

【iPhone7または7Plusの端末を利用している場合】

音量を下げるボタンと再度ボタンを同時押し。

リカバリーモードの画面が表示されるまで再度ボタンを押し続ける。

【iPhone6s以前の場合】

音ホームボタンと上部のボタンを同時押し。

リカバリーモードの画面が表示されるまで再度ボタンを押し続ける。

3.「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されるので、「復元」を選択。

これにてiTunesでデバイスのソフトウェアが自動ダウンロードされます。

編集長
ダウンロードに15分以上かかるとリカバリモードは終了してしまうので、その場合上述の手順2と3を繰り返してください。 

4.復元が終了すると、iPhoneを設定して終了!

データを代償にiPhoneがもどってきたと思います…お疲れ様でした!

iPhoneを紛失してしまった

やっておくこと
iPhone紛失時に備えて、「iPhoneを探す」機能を使えるようにしておく

ついうっかりどこかに置いてきたり、落としたりしてしまった場合、「iPhoneを探す」機能でパソコンからリモートで初期化が可能です。

まとめ

iPhoneの初期化は、さほど難しい手順を踏むものではありません。

だからこそ、事前にバックアップをしっかりとっておくなどの準備をしておかなければ、大切なデータを簡単に失うことになってしまいます

SmaPlaスタッフ
のちのち後悔してしまわないためにも、普段からiPhoneをしっかり管理しておきましょうね!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!