iPhoneストレージの「メディア」「その他」って何?その正体と削除方法とは

編集長
iPhoneのストレージに空きを作らなきゃ!と思って確認したら「メディア」や「その他」など、よく分からない項目がストレージの大部分を占めていました。これはどうしたら削除できますか?
SmaPlaスタッフ
そういったご質問をよくいただくことがあります。一緒に確認していきましょう。

メディアデータの内訳

「メディア」に含まれているデータは

  • 音楽
  • ビデオ
  • ポッドキャスト
  • 着信音
  • アートワーク(アルバムアートワーク)

などです。これらはストレージ容量を大きく消費します。
デバイスに残しておきたいデータを厳選し、iPhoneの容量に余裕を持たせましょう。

削除方法

メディアの空き容量を増やすには

  • ポッドキャストのデータを削除する
  • 不要な写真や動画を削除する
  • 不要な楽曲を削除する
  • 各アプリ内のキャッシュをひとつひとつ削除していく

など、細々とした対策で解決していくのがベストです。

その他データの内訳

iPhoneを利用しているうちに「その他」のデータがいっぱいになって、ストレージを圧迫することが発生します。
iOSアプリが作業用に使用した一時的なファイルが保存されています。
一時ファイルの多くは基本的に自動で削除されますが、iPhoneを使い続けているうちに消去されず残ってしまうものもあります。

「その他」に含まれているデータは

  • システムファイル
  • ソフトウェアアップデート
  • Siriの音声
  • キャッシュ済みのファイル
  • ログ
  • その他すべてのデータ

など、様々です。
不要になったキャッシュ、Cookie、ログファイルなどの、あまり容量を消費していない細々としたデータは、すべて「その他」にまとめて計算されている場合があります。

削除方法

「その他」のみを一括で、かつ完全に削除することはできません。
各アプリのキャッシュやメッセージアプリ内に残っている不要なメッセージを削除し、

  • iPhoneを初期化→復元する
  • クリーナーソフトを利用する
  • Safariのキャッシュを削除する
  • アプリごとのキャッシュを削除していく
  • メッセージアプリ内の不要なメッセージを削除していく

などの方法を試し、ストレージの空き容量を作ってみてください。

それでも改善されないようであれば、再起動(強制再起動含む)を試してみましょう。

まとめ

いざという時に写真が撮れなかったり、動作が重くなってしまって使えなかったりするのは困りますよね。

SmaPlaスタッフ
定期的にiPhone内の掃除をしてあげて、快適なiPhoneライフを送れるようにしていきましょう!
smapla修理店情報

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!