iPhoneのバイブレーション機能|個別設定と鳴らないときの対処方法とは

実はiPhoneには『マナーモード』という表記がありません。しかし、バイブレーション機能はあり、着信音をOFFにすることはできます。

今回は、iPhoneのバイブレーションの設定方法と、便利な使い方についてご紹介します。

バイブレーションの設定方法

バイブレーションの設定の仕方は以下の通りです。

  1. ホーム画面から【設定】を開きます。
  2. 【一般】→【アクセシビリティ】の順でタップしてください。
  3. 【バイブレーション】をタップしてOFFからONに切り替えましょう**。

『着信スイッチ』と『サイレントスイッチ』を切り替える

『マナーモード』という表記がないiPhoneにとって、重要になるのが『着信スイッチ(着信モード)』と『サイレントスイッチ(消音モード)』です。このスイッチは、機種本体の左側上部にあり、切り替えることができます。

・着信スイッチ(着信モード)

着信音や通知音、その他のサウンドがスピーカーから流れます。オレンジ色が見えない位置にスイッチを動かしてください。

・サイレントスイッチ(消音モード)

着信音や通知音、その他のサウンドがスピーカーから流れません。オレンジ色が見える位置にスイッチを動かしてください。

音を鳴らしたくない場合は、スイッチをオレンジが見える位置に動かしておいてくださいね。これがiPhoneにおける『マナーモード』になります。

バイブレーションの発動を使い分ける

「バイブは常時ONにしておきたい。」「着信のときだけバイブを鳴らしたい。」

そんなときはまず、ホーム画面の【設定】→【サウンド】を選択します。そして、以下の通りに設定してください。

・常時バイブを鳴らしたい場合

【着信スイッチ選択時】と【サイレントスイッチ選択時】をONにします。

・着信モードの時のみバイブを鳴らしたい

【着信スイッチ選択時】をON、【サイレントスイッチ選択時】をOFFにします。

・消音モードの時にだけバイブを鳴らしたい

【着信スイッチ選択時】をOFF、【サイレントスイッチ選択時】をONにします。

以上のように使い分けすることができます。

さらに細かくiPhoneのバイブレーションを使い分ける

着信時、アプリの通知音ごとにバイブパターンを変える

「着信は気付きやすいようにバイブを強く、アプリなどの通知音は優しい感じにバイブを設定したい。」

そんなときはバイブレーションのパターンを変え、バイブレーションの強さを変更しましょう。

  1. 【設定】→【サウンド】→【サウンドとバイブレーションのパターン】の順でタップします。
  2. 『着信音』『新着メール』や、各アプリの通知音などが出てきます。
  3. 変更したい項目をタップして【バイブレーション】を選択してください。
  4. 『アクセント(デフォルト)』『警告』『心臓の鼓動』など、8つのバイブパターンが選るので、好きなバイブレーションを選んでください。

連絡先ごとにバイブ音を変える

会社の同僚、上司、取引先、家族、友人、恋人と…実は連絡先ごとにバイブの強さを変更することもできます。

  1. 【連絡帳】を開いてユーザーをタップします。
  2. ユーザー情報の右上にある【編集】をタップしてください。
  3. 【着信音】→【バイブレーション】の順番でタップします。
  4. 前述と同じように、8つのパターンからお好きなバイブを選択しましょう。

バイブレーションが鳴らないときの対処法

バイブ機能をONにしているのにiPhoneが振動しない…というケースがたまにあります。そんなときは、以下の原因が考えられるので参考にしてください。

  • 『着信スイッチ選択時』と『サイレントスイッチ選択時』が両方OFFになっているか確認する。
  • 『おやすみモード』がONになっていたらOFFにする。
  • 『個別設定』で誤ってOFFにしていないかチェックする。
  • アプリの通知設定に異常がないか、鳴らないアプリを開いて確認をする。

もしくは、バイブの設定がOFFに切り替わっていないか、確認してみましょう。

まとめ

今回は、iPhoneのバイブレーションの設定について解説しました。

  • iPhoneには『マナーモード』という表記はないが『着信スイッチ』と『サイレントスイッチ』がある。
  • 通知設定は個別で細かく設定することができる。

慣れるまでは難しいかもしれません。しかし使いこなせるようになると、バイブ音で誰から連絡や通知が来たのか分かるようになります。

ぜひ、積極的にバイブ機能を操作して、使いこなしてみてくださいね。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!