iPhone「 4Gによる通話機能がオフになりました」という表示がいきなり出た時の対処法

iOS12以降、ある日突然「iPhone 4Gによる通話機能がオフになりました」というメッセージが表示されるようになった、という報告が多くなりました。

主に2018年ごろから、SoftBankの回線を使用しているユーザーに起きてしまっていたようです。

いきなり画面に「通話機能がオフになりました」と表示されると「故障?」「携帯料金を払ってなかった?」今後の料金が跳ね上がる?」など、一抹の不安がよぎりますが、実際に通話機能に支障はないことが分かっています。

Softbank回線での報告が多い

「4Gによる通話機能がオフになりました」というメッセージが表示されるのは、ソフトバンクユーザーの遭遇率が高いようです。

いつものように電源を入れた瞬間、

4Gによる通話機能がオフになりました

ソフトバンクにより、お使いのアカウントで”4G”による通話機能がオフになりました

というメッセージが表示されてしまうというものです。

メッセージの内容としては、Wi-Fiでの通話は可能でも4G回線を使用した通話ができなくなったということになっています。

「OK」を押しても特に影響はみられない

よく確認してみると、メッセージが表示されたあとでも継続して4Gに接続されているケースがほとんどで、通話にも影響はみられない場合が多いです。

突然メッセージが表示されると慌ててしまいそうになりますが、落ち着いて対処しましょう。

表示されているメッセージの「OK」部分をタップしても特に影響はありませんが、怖いようであればアプリを強制的に終了させるなどして対処してみてください。

SoftBankサポートの見解「一種のバグのようなもの」

SoftBankのサポートへ問い合わせてみると、一種のバグのようなものであるという回答がきました。

設定アプリを確認し、「音声通話とデータ」にチェックが入っていれば問題はなく、基本的に4G回線が急に利用できなくなることはありません。

念のため、オプションを確認しておきましょう。

オプション確認方法

  1. 「設定」アプリを開きます
  2. 「モバイル通信」を選択します
  3. 「通信のオプション」を選択します
  4. 「4Gをオンにする」→「音声通話とデータ」を選択します

もしも解決しない場合は、

  • iOSの最新バージョンがインストールされているか確認する
  • 再起動を試してみる
  • マルチタスク画面から全てのアプリを終了させる
  • ストレージの容量を確認し、空き容量が十分にあるか確認する

上記のいずれかを試してみてください。

SoftBank以外では、料金未払いで停止された時などに表示されることがある

SoftBank以外のキャリアで契約している場合、料金未払いで通信が停止された時などに表示されることがあるようです。

「4G回線による通話機能をオンにできません」という表示が出るケースも

似たようなケースで、iPhoneの画面に「4G回線による通話機能をオンにできません」という表示がいきなり出たケースも報告されています。

SoftBankキャリアのスマートフォンが突然圏外になり、再起動を試してみても圏外のまま状況が変わらないという状態に陥ってしまうアクシデントが多発したのです。

「4G回線による通話機能がオフに〜…」というケースと同じように、設定アプリからモバイル通信の項目を確認し、音声通話とデータをONにしようとしても

4G回線による通話機能をオンにできません

このアカウントで4G回線による通話機能をオンにするには、SoftBankに問い合わせてください

という文章が表示されてしまうというものです。

しかしこの場合は、SoftBankの回線そのものに通信障害が生じている可能性が高いので、回線の回復を待つようにしてください。

まとめ

携帯の料金もきちんと支払っていて、なんのトラブルもなく使用していたのに、いきなり「通話機能がオフになりました」と表示されてしまうと怖いですよね。

しかしほとんどの場合が、実害のないバグの影響であったり、通信障害による影響であったりします。

突然メッセージが表示されても、落ち着いて対処するようにしましょう。

それでも状況が回復しない場合は、修理のプロや各キャリアに問い合わせてみてくださいね。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!