iPhoneが故障?本体から音が出なくなったときの原因と対処法

編集長
使用中のiPhoneの音が突然出なくなってしまいました。
SmaPlaスタッフ
原因は様々なものが考えられます。 まずは、どうしてiPhoneの音が出なくなってしまったのか、順番に確かめることが大切です。

今回の記事では、iPhoneの音が出なくなった原因と対処方法をご紹介していきます。また、修理に出すときに気をつけるべきポイントもご説明するので、参考にしてみて下さい。

マナーモード設定

まずはiPhoneがマナーモード設定になっていないか確認しましょう。意図的にマナーモード設定にしていなくても、知らず知らずのうちに切り替えるスイッチ部分に、触ってしまっている可能性があります。

本体左側面についているスイッチ部分が、赤い色になっていたらマナーモード設定がオンになっています。

オンの状態から、赤色の部分が見えない状態、オフに切り替えて、音が出るかどうか確認しましょう。

Bluetoothがオン

次に考えられる可能性として、Bluetoothがオンになっている可能性があります。

例えば、Bluetoothがオンになっていると、勝手にワイヤレスイヤホンに接続されているかもしれません。

「設定」→「Bluetooth」からオンオフの切り替えが可能です。また、コントロールパネルからの設定も可能です。

イコライザ設定

イコライザ機能とは、iPhoneの出す音のトーンを調節して、自分で音づくりができる機能のことで、高音や低音などを調節できます。イコライザ機能がオンになっていると、ノイズに影響が出てしまいます。

「設定」→「ミュージック」でイコライザ機能のオンオフを切り替えましょう。

iPhone自体の問題

もしかしたら、iPhoneの端末自体の不具合が問題の可能性があります。iPhoneを再起動すると、元に戻る可能性があります。

また、ソフトウェアのアップデートを行ってない場合は、それが原因で不具合が起きているかもしれません。下記方法で確認してみてください。

  1. [設定]
  2. [一般]
  3. [ソフトウェア・アップデート]
  4. [ダウンロードとインストール]

スピーカー部分が詰まっている</h2>

スピーカー部分にホコリが詰まっているなど、目詰まりしていることが原因で音が聞こえにくくなっている可能性があります。

スピーカーはiPhoneの下側面にある小さい穴の部分にあります。息を吹きかけてみたり、掃除をしてみたりして、詰まっているものを取り出して、音が出るかどうか確かめてみましょう。

内臓スピーカーの故障

上記の方法を全部試しても音が出ない場合は、内臓スピーカーの故障が考えられます。例えば、水没や外からの強い衝撃が原因で、内臓スピーカーに不具合が生じてしまっている可能性があります。

SmaPlaスタッフ
内臓スピーカーが故障している場合は、iPhone修理専門店に見てもらうのがベストです。修理を出す前に事前に準備してもらいたいことがあります。

修理前に準備すべきこと

「iPhoneを探す」をオフにしましょう。端末を紛失してしまったときに、情報の流出防止のために備えられた機能です。

また、バックアップを行ってデータをとっておきましょう。修理後に前のデータを移動するためにも、iCloudなどを利用してバックアップを行っておいてください。

iPhone修理専門店の修理サービス

Apple以外の企業が行う非正規の修理サービスを行っているお店もあります。Appleの正規店ではないため、一度修理サービスを一度受けてしまうと、同じ端末で正規の修理サービスが受けられなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

おわりに

SmaPlaスタッフ
「iPhoneの音が突然でなくなり、故障の可能性がある」とお困りの方に向けて、iPhoneの音が出ない原因と、その対処方法をご紹介しました。すべての対処方法を試しても、音が出ない場合は内臓スピーカーに問題がある可能性があるので、修理店に頼むのがベターです。修理に出す前に気を付けるべき点もあるので、事前にしっかりと準備を行い修理サービスを受けに行きましょう!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!