iPhoneの再起動が繰り返し起きる「リンゴループ」から脱却するには

「起動時、リンゴマークから動かない」「古いiPhoneがリンゴループに陥ってしまった」

リンゴループとは、iPhoneを起動する際にリンゴマーク(Appleロゴ)が画面に出たまま、ホーム画面への移動や画面等の操作ができなくなることです。

iPhoneの画面にAppleロゴのリンゴマークが表示されたままフリーズし、ときには勝手に再起動を繰り返し、電源が切れるまでリンゴマークを映し続けます。

言葉の響きはとても可愛いですが、状況はとても厄介。

今回は、リンゴループに陥ったとき即座にできる対処方法や原因をご紹介していきます。事態解決・予防のためにも、リンゴループについての理解を深めておきましょう!

リンゴループの原因

このまま進むことはない…

リンゴループに関してはAppleから公式の見解は発表されていません。
なので正確な原因は曖昧とされていますが、これまでの経験から主に以下のような原因があると考えられます。

  • iOSアップデートの失敗
  • 起動ファイルの破損
  • 水没あるいは落下による物理的損傷
  • 強制終了を繰り返し実行
  • 脱獄をしている(違法ではないが非推奨)

中でも一番多いのが、iOSアップデートの失敗。ソフトウェアアップデートをおこなうが、容量不足により失敗し、その結果起動できなくなってしまうパターン。

その他にも、アップデート中に通信が切れたり、電池が切れてしまい更新が失敗したパターンが考えられます。

それ以外ですと、自分で原因を突き止めるのは難しいですが、自力で解決する方法が全くないという訳ではありません

自分でできるリンゴループの対処法

内部の基盤が物理的損傷をした重度な故障ですと修理に出すしかないでしょう。ただ、損傷した覚えがない場合、また内部の基盤が損傷しているか空けて確認するわけにはいきませんので、軽微な故障を前提に自分で出来る対処方法を紹介します。

1. 強制再起動する

軽微なトラブルでリンゴループに陥ってしまった場合は強制的に再起動で治ることがあります。ただし、何度も繰り返すことは推奨しません。

iPhone8以降の強制再起動

iphone8-restart
  1. [音量ボタン(上)]を押して離す。
  2. [音量ボタン(下)]を押して離す。
  3. [スリープ(電源)ボタン]を長押しする。

iPhone7/7 Plusの強制再起動

  • [音量ボタン(下)]+[ホームボタン]を長押しする。

iPhone6s/6s Plus/SEの強制再起動

  • [スリープボタン]+[ホームボタン]を長押しする。

2.セーフモードで起動

iOS事体に不具合が起きた際に、機械の不具合を確認するために最低限の機能のみで作動するモードである「セーフモード」。通常起動に必要なアプリ以外は無効になるので、既存アプリと、インストールアプリがバッティングをおこし、不具合となっていた場合に効果が出ると思います。

ただセーフモードは既存アプリ以外ない状態になります。初期化状態に近いので、バックアップデータは必須。リンゴループが起きてからだと遅いので、バックアップを取る癖はつけましょう。

とはいっても今まさにリンゴループになってますもんね…治ったらで…

3.SIMカードを抜いた状態で再起動

リンゴループに陥る原因のひとつに、SIMカードの破損・故障があります。通信環境のエラーによるものです。

この場合、本体には問題がないためSIMカードを取り出した状態で再起動すると操作できる可能性も。

SIMカードを取り出して起動した場合は、本体の故障ではなくSIMカードに異常が起きているかもしれませんので、契約している通信会社に問い合わせてみてください。

4.iTunesからアップデートする

不完全なアップデートもリンゴループが起きてしまう原因のひとつ。

通信環境の不備などでOSのアップデートを完了できなかった場合、本体を操作できなくても、PCを使ってiTunesに接続すればOSをアップデートできる可能性があります。

アップデートは以下の手順で進めてください。

  1. iPhoneとPCをケーブルで繋ぐ
  2. PCでiTunesを起動する
  3. iphoneボタンの長押し(強制再起動方法と同じ)

iTunesで「復元」か「アップデート」を選択できるダイアログが表示されたら、「アップデート」を選択して下さい。

注意点として、「復元」は押さないようにしてください。iPhoneに保存されていたデータが消えてしまいますよ。

それでも治らない場合

ここまでいろいろ試してみてもリンゴループから抜け出せないときは、最後の手段です。

リカバリーモードからの初期化

PCを使えば、リカバリーモードから工場出荷時の状態に復元することができます。ただし、この方法を使うとバックアップを取っていないデータが全て消えてしまうので要注意

途中まではiTunesを使ったアップデートの手順と同じです。

  1. iPhoneとPCをケーブルで繋ぐ
  2. PCでiTunesを起動する
  3. iPhone本体を操作する(強制再起動方法と同じボタン操作)

iPhoneの画面にiTunesのマークが表示されたら、PCの画面にダイアログが表示されていると思います。ここで「復元」を選択し、その後はPCに表示されるメッセージに従ってください。

専門店に相談する

非正規ですが、iPhone修理の専門店に依頼する解決方法です。Appleのサポートよりも、安価かつ短時間で修理対応できます。

専門店のお勧めの選び方は、総務省登録業者から選ぶことです。総務省から正式に認可を受けている店舗なので、iPhoneも正規店並みのサポートをしてくれるでしょう。

また、立地から選ぶのも1つ。特に私たち「SmaPla」は大型商業施設に店舗を構えています。買い物ついで、映画鑑賞ついでに預けて、帰る際に受け取るなんてこともできますよ。

修理時間や修理費用についてはご相談ください。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!