iPhoneのバッテリー残量が急に1%に!?バッテリーが一気に激減する理由を解説

iPhoneを100%充電して家を出たのに、職場や学校に着く頃にはバッテリーが急に1%になっていた…という経験をしたことはないでしょうか。

iPhoneのバッテリーが急激に減るのは、普段の行動を含めてちゃんと原因があります。

今回の記事では、iPhoneのバッテリーが急激に減る原因と対処方法について解説していきます。

バッテリーが急激に減る原因

iPhoneのバッテリーが急激に減る原因は、普段の行動を含めて主に以下のケースが考えられます。

経年劣化

iPhoneはいわば、消耗品でもあります。同じ機種を長い間使用するとバッテリーが経年劣化していくのです。
iPhoneのバッテリーに使われているリチウムイオン電池の寿命は、約2~3年といわれいます。iPhoneのリチウムイオン電池は、800回程度の充電で本来の80%程度の容量しか充電できなくなってしまいます。

長年同じiPhoneを使うことで、バッテリーが劣化していくのは避けようのない事象なのです。

バッテリーへの負担

そんなに長い間同じ機種を使い続けていないのに、急激にバッテリーが減ってしまう場合は、バッテリーに負担が掛かるようなiPhoneの使い方をしている可能性が考えられます。

バッテリーに負担が掛かる使い方は以下の通りです。

  • iPhoneを使っていないときは常に充電している
  • 充電しながらiPhoneを使用することが多い
  • iPhone本体が熱をもった状態で長時間使用している
  • 就寝前、充電器につなぎっぱなしにしている

iPhoneにとって充電とは、人間にとっての食事と同じことです。

お腹がいっぱいなのに無理矢理食事を詰め込めば、お腹を壊してしまいますよね。iPhoneも同様に一度100%まで充電が完了しているにもかかわらず充電を続けてしまうと、iPhoneに負担がかかってしまいます。

一度完全に充電をしたら、残量が50%以下になるまでは充電しないようにしましょう。
また、iPhoneが熱をもっているときはバッテリーにも負担が掛かっている状態です。機種本体が熱くなったときは、iPhoneが冷めるまで使用を控えましょう。そして、高温多湿な環境下でのiPhoneの連続使用も避けるようにしてください。

バッテリーが急激に減るときの対処方法

バッテリーが急に1%になるような症状は、放置しておくわけにはいきません。バッテリーが急激に減る症状が起きたときは、以下の方法を試してみてください。

  • アプリのバックグラウンド更新をオフにする
  • 低電力モードを使用する
  • 使用時以外は電源をオフにする
  • 暑すぎたり、寒すぎる環境の中では使用を控える

アプリを使用していないときでもバックグラウンドで自動的に更新されています。その機能を「バックグラウンド更新」と呼びます。この機能は、バッテリーの減少に繋がるため、極力OFFにするようにしてください。

また、低電力モードはバッテリーを長持ちさせる機能なので、併せて使用してみてください。

その他、バッテリーの急激な減少に対する対処方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

https://media.iphone-smapla-shuuri.jp/trouble/fast-reduction-of-charge/

自力で対処できないときは修理専門店へ

対処方法を試してみたものの、頻繁にバッテリーが激減するようであれば、専門店へ修理に出しましょう。駅前やショッピングモールなど、仕事帰りや買い物帰りに修理を頼みやすいところに、修理専門店は存在します。

お店によっては、ホームページで修理費用の見積もりを確認することも可能です。
パソコン等で一度見積もりを調べしてから、お仕事帰りに立ち寄って修理をお願いするとスムーズに行くでしょう。

まとめ

iPhoneのバッテリーが急に1%まで減ってしまうのを防ぐためには

  • 必要以上に充電器にiPhoneを繋がない
  • 充電しながらのiPhone使用を避ける
  • 高温多湿な環境下でのiPhone使用は避ける

ということを意識しながらiPhoneを使用していきましょう。

また、ダークモードなどの省エネ機能を使ったり、壁紙の色を黒などの暗い色に設定したりすることで、一日のバッテリー消費量を抑えることができます。
日々丁寧にiPhoneを使用して、少しでもバッテリーが長持ちするように工夫していきましょう。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!