iPhoneの通話が聞こえない|自分・相手の声が聞こえない原因と対処法

「私の声が聞こえてないみたい?」
「相手の声がほとんど聞こえない・・・」

電波が悪いわけではないのに、通話の音声が乱れている。こんなケースは珍しくありません。

通話の声が届かなかったり聞こえなかったりすると焦るかもしれませんが、簡単な対処法で解決することも多いです。

この記事では、iPhoneを使っていて「自分の声が相手に届かない」「相手の声が自分に聞こえない」というトラブルに見舞われた場合の解決方法を解説していきます。

iPhoneで通話が聞こえない原因と対処法

自分の声が相手に届かない場合も、相手の声がこちらに届かない場合も、共通する原因が考えられます。

どちらかの声が聞こえない場合、まずは次の原因を疑ってみて下さい。

  • どちらかの電波が不安定
  • どちらかのiPhone本体に不具合がある
  • どちらかの通話アプリに不具合がある
  • どちらかのiOSのバージョンが古い
  • どちらかのSIMカードがきちんと挿入されていない

どちらかの電波が不安定

どちらかが電波の不安定な場所で通話をしていると、音声が不安定になる可能性があります。電波マークが立っているか、お互いに確認してみて下さい。

通話状況が悪いと感じたら一旦電話を切って、LINEなどのメールアプリでやり取りをしながらお互いに場所を移動してみましょう。

【解決策】
互いに電波が安定する場所に移動する

どちらかのiPhone本体に不具合がある

「自分の声が届かない。」「相手の声が聞こえない。」どちらの場合も、iPhone本体が一時的に不具合を起こしている場合があります。

そんなときは、iPhoneを再起動してみましょう。再起動すると不具合が解決して、通話状態が良くなる場合があります。

【解決策】
iPhoneを再起動してみる

どちらかの通話アプリに不具合がある

現在はLINEなどのアプリで通話する人も多いでしょう。もしかすると、アプリのバージョンが古くて通話が上手くいっていない可能性があります。

その場合は使用している通話アプリを確認し、最新のバージョンがあればアップデートしてみましょう。

アップデートが最新なのにも関わらず通話が上手くいかない場合は、アプリを一度アンインストールしてから再インストールしてみるのも有効です。

【解決策】
通話アプリをアップデートor再インストールする

どちらかのiOSのバージョンが古い

通話アプリと同様に、機種自体のiOSのバージョンが古くて、通話が上手くいかないケースが考えられます。

「設定」→「一般」→「情報」でタップして「システムバージョン」から、OSのバージョンを確認しましょう。

バージョンが古ければ「情報」の下にある「ソフトウェア・アップデート」からアップデートできます。

【解決策】
iOSを最新バージョンにアップデートする

どちらかのSIMカードがきちんと挿入されていない

機種変更やキャリアを変更した直後は、SIMカードがしっかりと挿入されていない可能性があります。

画面上部にある「DoCoMo」「au」「Softbank」など、回線名が表示されているか確認してみましょう。

表示されてなければSIMカードが認識されていないので、再挿入してみてください。

【解決策】
SIMカードを再挿入してみる

自分の声が届かない場合に考えられる原因

自分の声が相手に届かない場合に考えられる原因は、次の通りです。

  • 相手の通話ボリュームが小さくなっている。
  • 自分のiPhoneのマイクに不具合がある。
  • ノイズキャンセリングがオフになっている。
  • Bluetoothがオンになっている。
  • 自分のiPhoneの充電口が故障している。

相手の通話ボリュームが小さくなっている

相手のスマホの通話ボリュームが小さくなっていたり、ミュートになっている可能性があります。

相手側にチェックしてもらうため、一旦電話を切ってからLINEで会話して、通話ボリュームを確認してもらいましょう。

また、ボリュームに問題なければ、相手のレシーバー部分の不具合も考えれるので、合わせて確認してもらってください。

【解決策】
相手の通話ボリュームを確認する

自分のiPhoneのマイクに不具合がある

自分のiPhoneの持ち方が原因、もしくはマイク自体に問題があって、自分の声が相手に届いていない可能性があります。

原因ごとに、以下の解決法を試してみてください。

原因解決法
マイクを手で塞いでいないか?iPhoneの持ち方を変えてみる。
マイクの内部にゴミやホコリが溜まっていないか?電源をオフにして、新品の歯ブラシでマイク部分を優しく掃除してみる。
内部パーツに故障が生じていないか?再起動やiOSを最新のバージョンにアップデートしてみる。それでも直らない場合は、Appleサポートや正規修理専門店に相談してみる。

マイクを掃除した後に解決したかどうかを確かめるには、ボイスメモを使って自分の声を録音してみましょう。

しっかりと録音されている場合は、故障ではなくゴミやホコリが原因で間違いありません。録音されていない場合は、故障を疑ってください。

【解決策】
マイクの不具合を確認する

ノイズキャンセリングがオフになっている

ノイズキャンセリング機能がオフになっていると、周囲の雑音が入って自分の声が相手に届かない場合があります。

以下の手順でノイズキャンセリングの「オン/オフ」を確認し、オフになっている場合はオンにしましょう。

「設定」→「アクセシビリティ」→「オーディオ/ビジュアル」→「電話ノイズキャンセリング」

【解決策】
ノイズキャンセリングをオンにする

Bluetoothがオンになっている

Bluetoothがオンの状態だとほかの機器との接続が優先されて、マイクやスピーカーの機能が通話中に働いていない可能性があります。

その場合は、一旦Bluetoothをオフにオフにしてから、通話を再開してみてください。

【解決策】
Bluetoothをオフにしてみる

自分のiPhoneの充電口が故障している

iPhoneの充電口(ドックコネクタ)とマイク部分は一体になっています。そのため充電口が故障していると、自分の声が相手に伝わりづらくなるのです。

水没や落下などによる衝撃が加わった場合、充電口が故障している可能性があります。自力では対応できないので、Appleサポートか正規修理専門店へと相談するのがベストです。

【解決策】
充電口が故障していないか確認する

相手の声が聞こえない場合に考えられる原因

自分の声は相手に届いているのに、相手の声が聞こえない…そんなときは、以下の原因が考えれます。

  • 通話ボリュームが小さくなっている。
  • イヤホンジャックにゴミやホコリが溜まっている。
  • 受話口(レシーバー)に不具合がある。

対処法については、以下の項目を参考にしてください。

通話ボリュームが小さくなっている

前述でも触れましたが、自分のiPhoneのボリュームが小さくなっているか、ミュートになっている可能性があります。

気が付かない間にボリュームが小さくなっていないか、音量ボタンを上げてみましょう。

【解決策】
自分のiPhoneの音量設定を確認する

イヤホンジャックにゴミやホコリが溜まっている

イヤホンジャックにゴミやホコリが溜まると、イヤホンが繋がっていると勘違いをして、音声が出ないケースがあります。

その場合はマイクと同様に、歯ブラシを使いイヤホンジャックを優しく掃除しましょう。また、パソコンのキーボードを掃除する「エアダスター」を使い、ホコリを吹き飛ばすのも有効です。

【解決策】
イヤホンジャックを掃除する

受話口(レシーバー)に不具合がある

イヤホンジャックやマイクと同様に、レシーバー内部にゴミやホコリが溜まっていると、相手の声が聞こえない場合があります。

こちらも歯ブラシで優しく掃除しますが、それでも解決しない場合はレシーバー部分の故障を疑ってください。

その場合は、Appleサポートに問い合わせるか、正規修理専門店に相談してみましょう。

【解決策】
受話口(レシーバー)を掃除してみる

iPhoneが故障している可能性もある

自力で解決できない場合は、iPhone自体の故障が考えられます。マイクや受話口と同様に、自力で修理するのは困難です。

必ずAppleサポートか修理専門店に相談するようにしてください。DoCoMo・au・Softbankといった、大手通信キャリアと契約している場合は、そちらに持ち込むのもおすすめです。

まとめ

電波が悪くないのに、正しく通話できないと少し慌てますよね。しかし、大抵の場合は再起動やiOS・通話アプリのアップデートで解決できるでしょう。また、通話を始めた時は電波があっても、いつの間にか電波マークが減っていることもあります。

通話中に不具合を感じたときは、まずは通話を切りLINEなどで相手に状況を説明しましょう。

自分の声が相手に届かないのか?相手の声が自分に届かないのか?もしかしたら、相手の端末に原因があるかもしれません。状況を伝える際は、丁寧に説明して相手の機嫌を損なわないよう注意してください。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!