【iPhone】充電の減りが早い原因と対処法

iPhoneを毎日利用するうちに、充電の減りが早くなったり、フル充電したはずなのにすぐに電源が切れてしまったりといった状況に見舞われることも少なくありません。iPhoneユーザーなら一度は経験しているのではないでしょうか。

今回は、iPhoneの充電の減りが異常に早いときに考えられる原因や対処法をご紹介します。

iPhoneの充電の減りが早い原因

iPhoneの充電の減りが異常に早い原因は、次のようなものが考えられます。

  1.  バッテリーに異常がある
  2. アプリのバックグラウンド処理が大きい
  3.  プッシュ通知を設定している
  4.  位置情報サービスを利用している
  5.  インターネット接続を頻繁にしている
  6.  Bluetooth機器に接続している
  7.  動画や音楽を再生する
以上のiPhoneの充電の減りが異常に早い原因のうち、2.~7.は通信を行うため、これらの頻度が高いとバッテリーが劣化してしまう恐れがあるのです。

iPhoneの減りが早い時にチェックすべきポイント

バッテリー消耗の大きいアプリを使用している

iPhoneではさまざまなアプリを利用できますが、バッテリーの消耗が大きいアプリはiPhoneの充電の減りを早めてしまう原因になってしまいます。

iPhoneの「設定」→「バッテリー」内で、アプリのバッテリー使用状況を確認できます。バッテリー使用状況の大きいアプリを確認してみてください。

バッテリーの消耗が大きいアプリで不要なものがあれば、アンインストールしましょう。

バッテリーの状態が悪くなっている

iPhoneの「設定」→「バッテリー」内の「バッテリーの状態」で、現在のiPhoneのバッテリー状態を確認できます。

「バッテリーの状態が悪くなっている」とは、たとえば「バッテリーの状態が80%」である場合、フル充電をしても「新品のiPhoneの80%程度しか充電ができない状態」になっているということです。

充電の減りが早いと感じたら、一度バッテリーの状態を確認してみましょう。

電池の消耗が大きいiOSバージョンになっている

iPhoneのソフトウェアであるiOSの中には、電池消耗の大きいバージョンがあります。

iPhoneの充電の減りが早いと感じたら、現在のiOSバージョンを確認し、電池消耗の大きいバージョンかどうかを確認してみてください。

iOSバージョンの確認方法は、iPhoneの「設定」→「一般」内の「情報」から確認できます。

アプリのバージョンが古い

iPhoneにインストールされているアプリのバージョンが古いと、充電の消耗が早くなってしまう確率が高くなります

App Storeのアップデート情報を確認し、アプリのアップデートをこまめにするようにしましょう。

対処方法

iPhoneの調子が悪いと感じた場合、まずは自分で行える次のような対処法を試してみてください。

  • アプリのバックグラウンド更新をオフにする
  • 低電力モードを使用する
  • 使用時以外は電源オフにする
  • 暑すぎる・寒すぎる場所で使用しない

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

iPhoneのバックグラウンド更新とは、アプリを使用していないときでも自動で更新される機能です。

バックグラウンド更新はアプリが自動で最新状態に更新されるので便利ですが、iPhoneの電池消耗を早めてしまいます。

つまり、バックグラウンド更新の設定をオフにすれば、充電を長持ちさせることが可能です。

  1. バックグラウンド更新をオフにする方法
  2. 「設定」アプリを開きます
  3. 「一般」を選択します
  4. 「Appのバックグラウンド更新」
  5. オフを選択します
  6. すべてのアプリのバックグラウンド更新をオフにできます
また、個別に設定する場合には
  1. 「Appのバックグラウンド更新」
  2. 「Wi-Fi」または「Wi-Fiとモバイルデータ通信」を選択
  3. iPhone内にインストールされているアプリをバックグラウンド更新するかどうか、個別に設定することが可能です。
個別にバックグラウンド更新をオフにする場合は、バッテリー使用状況を確認し、使用状況が大きいアプリを優先的にオフにするとよいでしょう

低電力モードを使用する

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「バッテリー」を選択します。
  3. 「低電力モード」をオンにします。
この設定で充電の持ちを長くすることができます。

低電力モードにしている間はメール受信やダウンロードなどの機能が制限されるため、注意してください。

使用時以外は電源をオフにする

iPhoneを使用する時以外は電源をオフにしておくことで、充電を長持ちさせられます。

外出先などで充電ができない場合、この方法は非常に有力な方法です。

極端に暑すぎる・寒すぎる場所で使用しない

iPhoneが適切に動作する温度は、0~35℃とされています。

iPhoneをはじめとする精密機器は、著しく暑すぎる場所や、寒すぎる場所での使用は好ましくありません。

  • 気温や室温が35℃以上になる環境では、iPhone本体への直射日光などにも十分注意してください。
  • 0℃以下の環境になると、充電の減りが早くなったり、充電が十分にあったはずなのに電源が急に落ちてしまったりします。

また、暑い場所から寒い場所へ、寒い場所から暑い場所への急な移動も避けてください。

急激な温度変化は故障の原因にもなります。

まとめ

今回は、iPhoneの充電の減りが早い原因と対処法について解説しました。

iPhoneは高性能で便利ですが、消耗品であるため、毎日長時間繰り返し使うことによるバッテリーの劣化は避けることができません。

できるだけバッテリーを長持ちさせて快適にiPhoneを利用できるように、日々工夫してみてくださいね。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!