iPhoneが急に重くなった…そんな時はこの対処方法を試してみよう!

iPhoneでインターネットを使用しているときや動画を視聴しているとき、急いで調べものをしたいときなどにiPhoneの動作が突然重くなってしまうとかなり不便ですよね。

iPhoneの動作が重くなってしまうと、突然フリーズしてしまったり強制終了を繰り返してしまったりといった弊害も起きてしまうことがあります。

今回は、iPhoneの動作が急に重くなってしまった原因と対処法についてご紹介していきます!

iPhoneの動作が重いときは

iPhoneの動作が重くなってしまう原因には、

  • iOSのバージョンが古い
  • キャッシュがストレージを圧迫している

などが考えられます。具体的な対処法としては以下の4つが挙げられます。

起動している全てのアプリを終了させる

アプリを一度にいくつも開いていたり、容量の大きいアプリを使用しつづけることで、携帯の動きが鈍くなってしまうことがあります。

気づかぬうちに複数のアプリを同時に起動させていることは少なくありません。

使用していないアプリをいくつも起動していた場合は、ひとまず全てのアプリを終了させ、メモリ確保の為の操作を行ってください

手順は以下の通りです。

1.iPhoneのホームボタンを2度押しします。
2.起動中のアプリがタスク状態になって表示されます。
3.使用していないアプリを上方向へスワイプしていきます。
4.操作完了です。

アプリをインストールしなおす

アプリを入れ直すことで、動作が軽くなる可能性があります。ただし、バックアップをとっていないと、それまでのデータが消えてしまうアプリもあるので、アプリを再インストールするときにはデータに注意しながら行ってください。

キャッシュを消去する

Safariなどを使用し続けていると、データが蓄積されていきます。このようなデータが溜まっていてしまう(キャッシュ)と、iPhoneが重くなってしまう可能性があります。

1.「設定」アプリを開きます。
2.「Safari」を選択します。
3.「履歴とウェブサイトデータを消去」を選択します。
4.キャッシュの削除が完了です。

知らず知らずのうちにデータが蓄積されてしまうので、こまめにキャッシュをクリアする習慣をつけておくと良いかもしれません。

おわりに

今回の記事では、iPhoneが重くなってしまう原因と対処方法についてご紹介しました。

iPhoneが重くなってきたと感じたら、まずはアプリを終了させたり、データをクリアしたり、iPhoneの容量を軽くしてあげましょう。

あらゆる手段を試してみても上手くいかない場合は、故障も考えられます。なるべく早いうちに修理店などに持っていってみてくださいね!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!