iPhoneのバッテリー交換は何処で、何時するのがベストか解説!

近頃、iPhoneの電池の減りが異様に早かったり、充電にやたらと時間がかかるようになったりしていませんか?

iPhoneのバッテリーは使い続けることで劣化し、長期間使うと寿命がきてしまいます。iPhoneを含むスマートフォンの多くは電池と本体が一体化しているため、基本的にはメーカーや修理店に電池交換をしてもらうことになります。

今回の記事では、

  • バッテリー交換ができる場所
  • バッテリー交換にかかる費用・時間
  • バッテリー交換の目安
  • バッテリー交換時のデータについて

など、iPhoneのバッテリー交換に関する話題を解説していきます!

iPhoneのバッテリー交換ができる場所

iPhoneのバッテリー交換ができる場所は主に4種類あります。

①iPhone修理専門店

全国の主要駅近くには、必ずと言っていいほど「iPhone修理専門店」があります。また、大型商業施設内などにも店舗を構えている修理店は数多く存在し、SmaPlaもそのうちのひとつです。iPhone修理専門店を選ぶときは、「総務省修理登録業者」と表記されている修理店を選ぶようにしましょう。

②Apple Store

iPhoneユーザーには馴染みが深い、メーカー公式の修理拠点であるAppleStoreでもバッテリー交換を受け付けています。(渋谷・表参道・新宿・銀座・丸の内・川崎・名古屋栄・京都・心斎橋・福岡)

③正規サービスプロバイダ

バッテリー交換は、Appleの認可修理店である正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラ、ビックカメラ等)に依頼することもできます。

④キャリアショップ(一部店舗のみ)

iPhone購入時に利用するキャリア(docomo、au、softbank)ショップは、基本的にバッテリー交換などの修理業務に関与していません。しかし、バッテリー交換ができる店舗もごく一部あるので、問い合わせてみてください。

バッテリー交換の場所については以下の記事で詳しく解説しています

【iPhone】バッテリー交換はどこでできる?知っておきたいバッテリー交換情報

2019.07.24

バッテリー交換にかかる費用

iPhone修理店(SmaPla)

iPhone修理専門店のバッテリー交換料金は、AppleStoreや正規サービスプロバイダの保証対象外料金より安くなります(ex. iPhone6s 5,000円、iPhone6 4,000円)。

参考:https://www.iphone-smapla-shuuri.jp/media/

AppleStore、正規サービスプロバイダ

AppleCare+保証対象であればバッテリー交換は無料です。
保証対象外の場合の交換料金は、以下の表を参考にしてください。

iPhone
モデル
Apple 製品限定保証
または
AppleCare+ の
保証対象
保証
対象外
iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、
iPhone XR、iPhone 11 Pro Max、
iPhone 11 Pro、iPhone 11
0 円7,400 円
iPhone SE、
iPhone 6、iPhone 6 Plus、
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、
iPhone 7、iPhone 7 Plus、
iPhone 8、iPhone 8 Plus、
および、その他すべての対象モデル
0 円5,400 円

※2020.02月 現在
参考:iPhone の修理 – バッテリーと電源

キャリアショップ(一部店舗のみ)

各キャリアショップでの修理は、数店舗で対応しています。キャリア持ち込みの場合はキャリアにより交換料金が異なるため、以下のリンクを参考にしてください。

◆Docomo◆

Docomo “iPhoneリペアコーナー”

◆au◆

au “iPhone・iPad 店頭修理サービス”

◆softbank◆

SoftBank “サポート バッテリー交換費用について”

無料で交換するには条件がある

iPhoneのバッテリー交換を無料で行うには、下記の条件を満たしている必要があります。

条件
  • AppleCare+に加入していること
  • 保証期間内であること
  • バッテリーの最大容量が80%未満になっていること

以上の条件を満たしていない場合「保証対象外」となり、バッテリー交換はすべて有償です(料金は機種により異なります)。

バッテリー交換にかかる時間

バッテリー交換にかかる時間は、交換する場所や方法によって変わってきます。

iPhone修理店(SmaPla)
最短10分・即日引き渡し
Apple Store
【持ち込み】最短即日・最長10日前後
【配送】集荷から最長10日前後
正規サービスプロバイダ(ビッグカメラ・カメラのキタムラ)
最短即日・最長10日前後
キャリアショップ(一部店舗のみ)
最短即日・最長7日前後

※店頭持ち込みの場合の待ち時間は除きます。

SmaPlaスタッフ
SmaPlaは、直接お持ちいただければ即日、最短作業時間10分でバッテリー交換を完了させ、お渡しすることができます。お困りの際は、ぜひ一度ご相談ください。

予約方法

Apple Store

Apple 公式サイトページから、【持ち込み修理】または【配送修理】を選択してください。症状に合わせて、Appleが適した修理方法を推奨してくれます。

【持ち込み修理を希望する場合】
近くのAppleStore、正規サービスプロバイダ店舗が検索できるので、店舗の予約可能な日時から選択して事前予約ができます。
【配送修理を希望する場合】
Appleサポートというアプリ(携帯閲覧のみ上記ページからダウンロード可)で「配送修理」を選択し、集荷日時などを入力して手配します。

正規サービスプロバイダ・iPhone修理店・キャリアの一部店舗

正規サービスプロバイダ・iPhone修理店・バッテリー交換を実施しているキャリアの一部店舗は、基本的に来店予約または直接店頭に持ち込みという形になります。

SmaPlaスタッフ
  スムーズにバッテリー交換を行いたい場合は、事前に来店予約をしてから店舗へ行くことをおすすめします!

iPhoneに保存されているデータについて

AppleStore、正規サービスプロバイダ、(※キャリアの一部店舗)

Apple Store、正規サービスプロバイダ、バッテリー交換を実施しているキャリアの一部店舗でバッテリー交換を行った場合、症状診断や修理の過程でデータが消えてしまうことがあります。

iPhone修理専門店

iPhone修理店でバッテリー交換をする際、交換するのはデータが保存されている基盤ではなく、バッテリーそのもののみなので、データが消えてしまうことはありません。

※どこでバッテリー交換を行う場合でも、データのバックアップは必ずとっておくようにしてください。

【非推奨】自分で交換する方法もあるにはある

バッテリーを自分で交換する方法もありますが、交換用の新しいバッテリーと分解する工具が必要です。
これらがセットになっているキットが販売されており、このキットを使って自分で交換している人も居るようですが、

そもそも、iPhoneをはじめとするスマートフォン全般において、デバイスはユーザー自身が電池交換をする想定で作られていません。うまく交換できず故障につながってしまう恐れがあり、不適切な状態のiPhoneを使い続けると最悪の場合発火などの事故を引き起こすことも考えられます。バッテリー交換は必ず専門の店舗に依頼してください。

smapla修理店情報

バッテリー交換の目安

バッテリー交換のための明確な基準や数値は設定されていません。使用に支障をきたすようになったらすぐにバッテリー交換をすべきなのはもちろんですが、使用しているiPhoneの状態を確認して、バッテリー交換をするかどうかを判断するようにしてください。

  • バッテリーの減りが明らかに早い
  • 充電に時間がかかる
  • 急に電源が切れる

などの現象がある場合はバッテリーの寿命がきていることが考えられます。バッテリー交換を検討し修理店などの店舗で原因を確認してもらってください。

また、バッテリーの最大容量も交換の目安になります。
バッテリー容量の確認手順は以下の通りです。

  1. 設定アプリを開きます。
  2. 「バッテリー」を選択します。
  3. 「バッテリーの状態」
  4. 最大容量がパーセンテージで表示されています。

最大容量のパーセンテージが80%である、または80%を下回っている場合はバッテリー交換の時期と考えましょう。
なお、バッテリーが著しく劣化している場合、「バッテリーの状態」の上部に「バッテリーに関する重要なメッセージ」というメッセージが表示されます。この表示が出ていたら、なるべく早めにバッテリー交換をしてください。

iPhoneの「バッテリー交換のタイミング」については以下の記事で詳しくご紹介しています!

iPhoneのバッテリー交換、ベストタイミングっていつ?

2019.09.17

バッテリー交換の前に準備しておくこと

バッテリー交換に出す前に、準備しておくことは以下の4つです。

①データのバックアップを”必ず”取っておく

バックアップの方法には、iCloudにとる方法と、iTunesにとる方法があります。

iCloudでバックアップをとる
  1. wi-fiネットワークに接続します。
  2. 「設定」アプリを開きます。
  3. 「ユーザー名」をタップします。
  4. 「iCloud」を選択します。
  5. 「バックアップをON」を選択します。
  6. 「iCloud バックアップ」をタップします。
  7. 「今すぐバックアップ」をタップします。
  8. バックアップ完了です。
iTunesでバックアップをとる
  1. iTunesの起動が可能なPCと、対象のiPhoneを接続します。
  2. PCでiTunesを起動します。
  3. 左上の「デバイスボタン」をクリックします。
  4. 「概要」を選択します。
  5. バックアップ欄の「今すぐバックアップ」を選択します。
  6. バックアップ完了です。

バッテリー交換の過程で、データが消失することもあります。バックアップはバッテリー交換の前に必ず行っておいてください。

データのバックアップについては以下の記事でご紹介しています!

もう失敗しない!iPhoneのバックアップと復元の手順を一気にご紹介します!

2019.06.07

②ペアリング・各種設定を解除しておく

AppleWatchとペアリングしている場合は、ペアリングを解除してください。 ペアリングを解除すると、自動的にiPhone側でApple Watchの新しいバックアップが作成されます。バッテリー交換後は、このバックアップを使ってApple Watchを復元することができます。

配送修理の場合は、上記に加えて、iMessageをオフ、iPhoneを探すをオフ、アクティベーションロックをオフ、iPhoneの初期化を行ってください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201557

③本人確認書類の準備をしておく

Apple Storeや正規サービスプロバイダへ持ち込みをする場合、本人確認書類の提示を求められることがあります。運転免許証、パスポートなど、写真付きの身分証明書を用意しておいてください。

④Apple IDとパスワードを控えておく

バッテリー交換を行うときは、Apple IDとパスワードを控えておいてください。設定の解除がされていなかったり、何かしらの理由で必要になることも考えられます。

まとめ

「最近なんだかバッテリーの持ちが悪いな…」と少しでも感じたときにバッテリー交換を行うのが一番好ましく、iPhoneが何かしらの不具合を起こす前に行動するのが望ましいです。

ある程度の目安があるとはいえ、iPhoneのバッテリー交換はいつ・どのような時に必要になるか予測がつきません。少しでも違和感を覚え、無償交換対象機種・保証期間内であれば早めに交換しておくのがベストです。

smapla修理店情報
iPhone修理のご依頼はSmaPlaまで。故障やトラブル、どんなことでもご相談ください!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!