iPhoneが膨らむのはバッテリーが膨張しているから!原因と対処方法を解説

ほとんど毎日使っているiPhoneが膨らんでしまっていても、なかなか気づけないですよね。

試しに、平らなところにiPhoneを置いて、水平方向からiPhone本体を見てみてください。

iPhoneが膨らんでしまっていると、iPhoneの画面が浮き、画面と本体との間に隙間が出来てしまっているのがわかります。操作にも問題が出てくる可能性があるので、ぜひ確認してみてください。

今回は、iPhoneが膨らむ原因とその対処方法について解説していきます。

iPhoneが膨らむ原因は「バッテリー」

iPhoneが膨らむ原因として、「バッテリーが膨張している」という可能性が真っ先に考えられます。

iPhoneの本体には、リチウムイオンバッテリーが採用されています。このリチウムイオンバッテリーは、劣化が進むとバス内でガスが発生し、このガスが原因でパックが膨張してしまうのです。

iPhoneを充電したまま使用したり、適正温度を超えて使用したりするバッテリーの劣化がどんどん進んでしまうので気をつけてください。

iPhoneが膨らんだときの対処方法

①電源を切り、できるだけ使用しない

iPhoneが膨らんでいる(膨張している)ことに気がついたら、すぐに電源を切り、できるだけ使用しないようにしてください。いますぐ爆発したり発火したりするようなことはないかもしれませんが、ちょっとした衝撃にも弱くなっている状態です。何が起こるかわからないので、できるだけ触らないようにしましょう。

②本体を交換する

バッテリーが膨張し、iPhoneが膨らんでしまった場合、バッテリーを交換するだけでなく、iPhone本体丸ごとの交換が必要になる場合もでてきます。iPhoneを購入してから2年以内であれば、無料で本体を交換することができます。自分の加入している保証内容などをしっかりと確認したうえで、公式店などに持っていきましょう。

③修理に出す

iPhoneを購入してから2年以上が経っている場合、本体を交換するのは有償になります。iPhoneを預けるのが面倒、コストを抑えたい、短時間で終わらせたいという人は、修理店に持っていきましょう。

正規店ではない修理店で修理を行う場合、料金はそれぞれの修理店で異なりますので先に確認してからiPhoneを持ちこんでください。

ただし、非正規での修理を一度受けてしまうと、正規店での修理を受けられない可能性があります。事前に確認してから修理に出すかどうか決めるようにしてくださいね。

⚠︎膨張しているiPhoneを放置・使用は危険!

iPhoneが膨張してしまっていることがわかったら「すぐに使用をやめる」を鉄則としてください。電源が入っている場合は必ずオフにしましょう。

iPhoneに内蔵されているリチウムバッテリーは、衝撃に弱い特徴を持っています。強い衝撃を与えると、発火する恐れがあるのです。しかし、膨張しているiPhoneはそこまでの強い衝撃を与えなくても発火したり爆発したりしてしまいます。

おわりに

今回の記事では、iPhoneが膨らんだときの対処方法について詳しくご紹介しました。iPhoneが膨らんでしまうのは、バッテリーが劣化して膨張しているからです。iPhoneが膨張していたら、本体を交換したり、修理に出したりするなど、なるべく早く対処するようにしましょう。

iPhone修理のご依頼はSmaPlaまで。故障やトラブル、どんなことでもご相談ください!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!