画面の隅に黒いシミ?正体と原因について解説します

ある日突然、iPhoneの画面に小さな黒いシミのようなものが現れたり、インクがこぼれ出したように画面の隅が黒くなったりした経験はないでしょうか。

「画面の隅が黒いだけだから気にならない」

「気にはなるけど問題なく使用できるし…大丈夫でしょ!」

そう思って放置しておくと、のちのち大変なことになってしまうかもしれません。

黒いシミの正体は?

黒いシミの正体は「液晶漏れ」と呼ばれるものです。

iPhoneの画面部品は、

  • ガラス
  • タッチパネルセンサー
  • 液晶
  • バックライト

の、4層構造になっています。

そしてこの液晶部分には、少量ですが水分が含まれています。この液晶部分が破損し、インクがこぼれ出したような状態を「液晶漏れ」と言うのですが、この漏れ出た液晶が黒いシミの原因になっているのです。

また、黒いシミ以外にも、画面にさまざまな色の縦線や横線が現れたり、虹のような線が出ていたりする場合も「液晶漏れ」と考えられます

黒いシミ(液晶漏れ)ができる原因

では、液晶漏れはどういったときに発生するのでしょうか。

物理的な強い衝撃が加わった

液晶漏れが起きてしまう最大の原因は、iPhoneを落下させてしまうことによって強い衝撃を与えてしまうことが挙げられます。

iPhoneを地面に落としてしまうと、画面と一緒に液晶まで破損してしまうことがあります。

また、誤って画面を踏んでしまったときなど、iPhoneそのものに強い負荷がかかった場合にも液晶が破損してしまう恐れがあります。

黒いシミ(液晶漏れ)を放置したままにすると大変なことに?!

液晶には微量の水分が含まれています。液晶漏れを放置したままにしてしまうと、水没状態になってしまう可能性があるのです。

水没が起きると

  • 液晶漏れが広がるとタッチできない箇所が増え操作できなくなる
  • iPhoneの電源が入らなくなる

という、最悪な事態になってしまいます。また、タッチ操作ができない部分においては、

  • タッチが全くきかない(あるいは反応しない)
  • 触れていなくてもタッチセンサーが感知してしまう(ゴーストタッチ)

などの不具合が生じてしまいます。

何も操作していないのにiPhoneが勝手に動いてしまう現象を「ゴーストタッチ」と言います。

ゴーストタッチについては以下の記事で詳しく解説しています

黒いシミが出来てしまったら、すぐに修理業者へ依頼しよう

液晶漏れによる黒いシミは自然治癒が見込めず、放置すればするほど広がっていってしまいます。

操作不良を起こしてしまうため、ゴーストタッチが起きてしまったり、いざというときにiPhoneが使えなくなってしまったりしてしまいます。

液晶漏れが起きてしまったら、すみやかにApple storeか修理業者に液晶交換を依頼するようにしてください。

まとめ

今回は、iPhoneに起こりうる「液晶漏れによる黒いシミ」について解説しました。

液晶割れをできるだけ防ぐためにもiPhoneを購入した際にガラス保護フィルムを貼ることも検討してみてください。長期間同じ機種を使用するのであれば、ガラス保護フィルムは心強い味方になってくれます。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!