iPhoneのカメラが故障した!?原因と対処法を解説します

昨今、iPhoneのカメラ機能はとても優れています。日常的に使っているという方は多いはず。しかし、なんの前触れもなくカメラが起動しなくなったり、写真を撮っても真っ黒になってしまったりという事態に見舞われることも

故障を疑って修理に出すという選択をとりたくなりますが、実は、自分で症状を解消することができるかもしれません。

そこで今回は、iPhoneのカメラ機能が故障してしまう原因と自分でできる対処法をご紹介します。

iPhoneのカメラが故障したときの症状

iPhoneのカメラが故障したとき、次のような症状が出ることが多くなります。

画面が真っ黒になる

カメラを起動しても「何も映らない」「画面が真っ黒のまま」という状態です。

レンズに何か付着していたり、指でレンズを覆ってしまっているということが考えられます。それらを解消しても改善しない場合は、アプリの故障の可能性があります。

カメラが起動しない

カメラが起動せず、写真をとることができない状態です。

  • アプリの開きすぎで動作が重たくなっている
  • OSが最新でないこと

というケースが考えられます。

線や黒い影などが映りこむ

写真に被写体以外の線などが映ることがありませんか?

その場合は、レンズにゴミやホコリが付着している可能性があります。掃除しても消えないときは、レンズのなかにゴミが入ってしまっていたり、レンズに傷がついてしまっているかもしれません。

ピントが合わない

撮影したいものにピントが合わず、ボケてしまう状態です。

レンズに皮脂やハンドクリームなどが付着してしまっていることが原因かもしれません。もしくは、ピント調整が間違っている可能性があります。

iPhoneのカメラに不具合が起きる原因

iPhoneのカメラに不具合が起きる原因には、

  • ソフトウェアの問題
  • ハードウェアの問題

の、2つのことが考えられます。

ソフトウェアに問題がある場合

これは、プログラムやアプリの問題によって起きます。いわゆるバグという状態がこれにあたります。ソフトウェアの問題の場合は、アプリやOSのアップデートによって解決することができます。

ハードウェアに問題がある場合

一方、ハードウェアの問題は、iPhoneの本体に何かしらの問題が生じています。例えば、カメラのレンズに傷がついてしまっているというような場合です。修理に出したり、部品を交換しなければならないケースが出てきます。

iPhoneのカメラが故障したときの対処法

故障かな?と思ったらできるだけ早めに修理を依頼するのが理想です。しかし、仕事や用事などですぐに修理を依頼するということはなかなかむずがしいのが現状です。

そこでまずは、自分でできる対処法を試してみましょう。

レンズや本体をふき取る

チリやホコリ、皮脂などがレンズに付着している場合は、レンズを柔らかい布で優しく拭き取ります。カメラクリーナーがあれば、それで掃除してみるのも有効です。

アプリを再起動する

不具合が生じたら、一度カメラアプリを落として再起動してみましょう。

再起動の方法はiPhoneのモデルによって異なります。

  • iPhone X以降のモデル

ゆっくりとスワイプアップしてからアプリを開き直して見てください。

  • iPhone8以前のモデル
  1. ホームボタンを2度押しします。
  2. マルチタスクの状態にします。
  3. カメラアプリをスワイプアップします。
  4. アプリを起動させます。

基本的に、アプリをタッチして上にスワイプすると、そのアプリを終了させることができます。

iPhoneを再起動する

電源ボタンの長押しで一度電源を落とし、もう一度起動させてみましょう。

アプリの不具合があっても、再起動をしたら正常に作動するようになるケースは多いです。

iOSをアップデートする

使っているiPhoneのOSは最新のものかどうかを確認してみましょう。アップデートをしていないとカメラがうまく起動しないということもあります。
確認の仕方は下記の通りです。

確認の仕方は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップします。
  4. OSが最新でない場合は「ダウンロードとインストール」を選択します
  5. アップデートが開始されます

iPhoneを初期化する

ここまで試してみても治らない場合は、iPhoneを初期化してみましょう。
まずはリカバリーモードでのアップデートを試みて、それでも改善されない場合は復元をします。

リカバリーモードでの初期化はパソコンにiPhoneをつないだ状態で行います。

リカバリーモードについては以下の記事で解説しています!
[リカバリーモードの記事]https://media.iphone-smapla-shuuri.jp/how-to/forced-initialization/

iPhoneの初期化の方法については以下の記事で解説しています!
[初期化の記事]https://media.iphone-smapla-shuuri.jp/how-to/iphone-reinstall/

「復元」は出荷時の状態に戻す作業なので、必ずデータのバックアップをとってから行ってください。

まとめ

カメラの不具合は、意外と自分で解決できる場合がほとんどです。まずは、この記事に書かれた方法を試してみてください。

もし改善されなければ、無理に自分でなんとかしようとせず、修理を依頼するようにしてくださいね。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!