iPhoneが反応しない!突然反応しなくなった原因と対処法

iPhoneのタッチパネルを何度タップしても反応しない…というような経験をしたことはないでしょうか。

画面をタップしても反応しなくなったからといって、焦ることはありません。まずは自分で試せる方法で対処してみましょう。

今回の記事では、iPhoneが突然反応しなくなった原因と併せて対処方法をいくつかご紹介していきます。

考えられる原因

画面をタップしても反応しないということは、何らかの不具合が起きているからということは火を見るより明らかですよね。

iPhoneを地面に落としてしまったり、踏んでしまったり、水没させてしまったりなど、故障に繋がるような明確なアクシデントがなければ、回復させることができる場合もあります。

iPhoneの画面が著しく汚れている

iPhoneの液晶画面をよく見てみてください。もしかして汚れてはいないでしょうか。

一日に何度もスマホを触ったり、鞄の中に入れたりするだけでも、静電気によってホコリが画面に付着してしまいます。

また、素手で触ることが多い画面は、皮脂などで汚れがひどくなっているものです。

この汚れが、画面をタップしても反応しない原因になってしまっています。

バッテリーが膨張している

長年iPhoneを使用していることによるバッテリーの劣化や、iPhoneを落とすなど外からの強い衝撃が加ることでバッテリーが膨張してしまい、タップしても反応しないことがあります。

iPhoneはリチウムイオンのバッテリーを採用しています。このタイプのバッテリーは劣化するとガスが発生し、パックが膨張してしまうのです。

普通に使っているつもりでも、充電したままの使用を繰り返すと本体が熱くなりやすくなってしまいます(熱暴走)。

適正な使用温度を超えて使い続けると、劣化するスピードも早くなってしまうのです。

iPhoneの熱暴走については以下の記事で詳しくご紹介しています!
[熱暴走の記事]:https://media.iphone-smapla-shuuri.jp/trouble/thermal-runaway/

バッテリーが膨張していると、

  1. 画面の側面が少し持ち上がった状態で、光が漏れている
  2. 画面の左側が、浮いてパカパカしている状態
  3. 画面の背景が白く、うっすらと青い線が見えている状態

などの状態が見受けられます。これらの状態が確認されたら、バッテリーが膨張していると判断して間違いありません。

iPhoneがこのような状態になっていたら、使用することはできるだけやめましょう。
突然発火することはほぼありませんが、本体そのものが弱くなっている状態です。

バッテリーの膨張については、以下の記事で詳しくご紹介しています!

[バッテリー膨張の記事]:(https://media.iphone-smapla-shuuri.jp/trouble/iphone-battery-expansion/)

キャッシュ・ストレージが溜まっている

アプリのデータたくさん溜まることより、容量がいっぱいになり、画面がタップできないという現象が起こることもあります。

人間でも、お腹いっぱいになったら動きが鈍りますよね。iPhoneもまさにそんな状態なのです。

反応が鈍くなったと感じた時はキャッシュやストレージの削除を行ってください。

指先が乾燥している

タッチパネルは、体内に流れている微弱な電流に反応する方式です。

操作する指が乾燥していると、電流が流れにくくなり、タップしても反応しないという現象が起こります。手袋をしているとタッチパネルが反応しないのはそのためです。

指を乾燥させないようにケアすることや、他の指で試してみるなど、色々なアプローチをしてみてください。

iPhoneが反応しなくなったときの対処法

柔らかい布で丁寧に画面をふく

最初に試すべきことは、画面を綺麗な布やクリーニングクロスで拭くことです。

  1. 電源を切り、カバーやケースに入っている場合にはそれらも外します。
  2. フィルムを貼っている場合は一旦剥がしてみましょう。
    フィルムに傷がついていても、フィルムと本体に間にホコリが入っていても、反応が鈍ることがあります。
  3. 画面を綺麗に拭いたら再起動し、反応するか確認します。

フィルムと画面の相性が悪くてタップ操作ができないということもあるので、フィルムを剥がした状態でタップできる場合は、新しいフィルムに交換してください。

タッチ機能を調整する

iPhoneには、タッチの感度を調整できる機能があります。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「タッチ調整」を選択します。
  4. 「タッチ調整」をオンにします。
  5. 「保持継続時間」をオンにします。
  6. 自分に合った時間を設定します。

キャッシュ・ストレージの整理をする

「データの容量がいっぱいかもしれない」と思ったら、

  • 使っていないアプリをアンインストールしましょう。
    ゲームアプリなどは容量がとても大きいです。使用頻度の低いアプリはできるだけアンインストールするようにしましょう。
  • キャッシュもクリアにしましょう。
    ネットをよく閲覧する場合、ブラウザにキャッシュが残っている場合があります。
  • 保存している写真・動画を別のデバイスに保存しましょう。
    写真や動画がiPhoneの中にたくさん保存されている場合、それらを他のメディアやiCloudに保存・整理するのも一つの手です。

まとめ

高度な技術を要するものは、さらなる故障に繋がる可能性もあるため、自力での作業はおすすめしません。

その場合は、速やかに修理に出すことをおすすめします。

東京を中心に関東で展開している、スマホアクセサリーの店「SmaPla」では、iPhoneの修理も行っています。

今回ご紹介した方法でも解決できないときは、ぜひ修理のプロに相談してくださいね。​

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!