iPhoneの紛失防止グッズはどんなものがある?防止策とあわせて解説

iphone-loss-prebention

iPhoneには様々な情報を保存しておくことができますよね。便利な反面、紛失した時のことを考えると、様々なリスクが考えられます。

iPhoneを紛失して見つけることができなかった場合、通信キャリアやクレジット会社に連絡したり、警察に紛失届を出したりするなど、様々な手間をかけなければなりません。

このような事態にならないためにも、iPhoneの紛失防止や、紛失した時の場合を考えた対策を考えておく必要があります。

今回の記事では、iPhone紛失防止のためのグッズや、紛失防止のための事前対策などについて解説していきます!

iphoneを失くさないためのグッズ

紛失防止グッズ『tile』

iPhoneの紛失防止グッズとして有名なのが『tile』です。価格は2,000円ほどで、iPhoneを紛失してもアラームを鳴らして知らせたり、紛失した場所を特定することができたりします。

◆『tile』の主な機能◆

  • iPhoneを探す際、Bluetoothの範囲内であればアラームが鳴る
  • Bluetoothが最後に接続した場所を記録しているため、紛失した場所を特定できる
  • Bluetoothの範囲外でも、iPhoneの近くを他のtileアプリユーザーが通れば、tileコミュニティー(tileのクラウド)を通して、iPhoneを紛失した場所の通知が届く

◆使い方◆

  1. tile購入後、Apple Storeから専用アプリをダウンロード
  2. tileとiPhoneのセットアップを行う
  3. ペアリングを行う
  4. Bluetoothに接続
  5. アラームが鳴るかテストする

メールアドレス認証など細かい設定はありますが、大まかには以上の流れになります。
iPhoneを紛失した経験があったり、仕事などの大切な情報がiPhoneに入っている場合は、ぜひ紛失防止のお供にしてみてください。

紛失・落下防止を兼ねたネックストラップ

ネックストラップでiPhoneを持ち運ぶことで紛失防止に繋がります。

紛失防止の他にも、

  • iPhoneをカバンから探す手間がなくなる
  • iPhoneを落とすリスクが減るため、画面割れが防げる

などのメリットがあります。

◆注意点

満員電車などの人混みでは使用を避けましょう。ストラップからiPhoneが外れ、紛失してしまう可能性があります。

iPhoneを失くしてもリスクを避ける対策

ロック画面の設定

ロック画面の設定は必ずしておきましょう。

現在ではFace ID(顔認証)やTouch ID(指紋認証)など、色んなロック画面の設定ができます。

パスコードで設定する場合は、誕生日や「1111」「1234」などの簡単な番号の設定は避けてください。

『iPhoneを探す』はONにしておく

iPhoneを紛失しても、『iPhoneを探す』をONにしておけば、パソコンから遠隔操作をすることができます。

  • GPSでiPhoneの現在地を追跡できる
  • iPhoneを遠隔ロックして操作できないようにする
  • 遠隔でiPhoneのデータを消去できる
  • 音を鳴らして捜索を助ける
  • 他人がiPhoneを見つけてくれた時に電話で連絡できる
  • 紛失したことをiPhoneに表示する

iCloudにサンサインしていれば誰でも利用することができ、紛失しても見つかる可能性が高くなります。

iCloudにサンサインして『iPhoneを探す』と『GPS機能』がONになっているかぜひ確認しておきましょう。

データのバックアップをこまめにとる

iPhoneが見つからなかった時のことを考え、データはこまめにバックアップをとっておきましょう。

iCloudから紛失したiPhone内のデータを初期化することができますが、iPhone内のデータは全て消去されてしまいます。

iCloudやiTunesなどにデータをこまめにバックアップしておけば、万が一iPhoneを紛失しても新しいiPhoneにデータを移行することができます。

まとめ

今回は、iPhone紛失防止のグッズから、万が一紛失した時のことを考えた対策まで紹介しました。

iPhoneを一度失くしてしまうと、

  • 自分やiPhone内の知り合いの個人情報が漏れる
  • iPhoneに登録している電子マネーを勝手に利用される
  • 登録しているクレジットカードや銀行の情報が悪用される
  • 電話番号やメアドなどが犯罪に悪用される危険性がある

など、さまざまなリスクが生まれてしまいます。

紛失防止のためのグッズを持ってみたり、置き忘れしないために毎日気を配るようにしてみてください。

iPhoneには沢山の情報が詰まっているため、一度紛失すると悪用される危険性があります。紛失しないために、自分自身でも普段の行動を意識してみましょう。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!