iPhoneの画面割れと液晶不良の意味の違いは?修理前の手順もご紹介

編集長
ついこの前iPhoneを落とした時に修理に出したんですけど、液晶も壊れているといわれたんですよね。画面割れの料金で修理してもらえると思ったら、液晶代も掛かってしまいました。何が違うんですか?
SmaPlaスタッフ
画面割れはガラスが割れた状態で、液晶不良はタッチ反応しなくなったり、画面に黒いシミのようなものが出ている状態です。落とした際に、ガラスだけでなく液晶部分まで破損してしまったんですね。しっかりと自分のiPhoneの状況を理解して、修理の準備を行うことが大切です。

でないと画面割れと液晶不良によって修理の価格や保証内容が異なる可能性があります。しっかりと事前に理解しておきましょう。

「画面割れ」とは

iPhoneを地面に落としてしまったなどとして、故意に画面を割ってしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか?「バリフォン」「バキフォン」などの若者言葉があるように、iPhoneの画面にひびが入ってしまうことを指します。画面割れの後でも、iPhoneの操作可能な場合もありますが、場合によってはiPhoneの操作が不可能になってしまうこともあります。

次回の画面割れを防ぐ方法

iPhoneの画面割れを事前に防ぐには、本体を丁重に扱うことはもちろん、対策が必要となります。iPhoneの画面に保護シールやフィルムを貼っておくと、落下した時でも画面を衝撃から保護してくれます。また、手帳型のiPhoneケースを使用すれば、画面が直接傷つくこと可能性が少なくなります。よくiPhoneを落としてしまうという人は、画面を保護する対策をとっておきましょう。また普段から、「iPhoneを落ちやすい場所に置かない。」「ポケットなどに入れておかない。」「歩きながらiPhoneを使用しない。」などのことを心がけておくと良いでしょう。

SmaPlaスタッフ
わたしたちがオススメしているのはガラスコーティングです。外観も変えずにiPhoneを保護してくれますよ。

フィルムもケースも不要!?iPhoneを360度保護するガラスコーティングを試してみた

2019.03.19

「液晶不良」とは

iPhoneの「液晶不良」とは、

  1. タッチ操作が行えない
  2. 画面に変なカラーが入る
  3. 黒いシミのようなものが画面上に出てくる

など、画面割れだけではなく、液晶自体に不具合が見られることを言います。
iPhoneはガラスパネル、タッチパネル、液晶、バックライトのレイヤーとなっています。iPhoneの受けた衝撃が大きいほど、液晶が故障しやすいと言えるでしょう。また水没による液晶不良が起こってしまうケースもあります。「液晶不良」の症例を詳しくご紹介していきますので、自分のiPhoneと比較してみましょう。

タッチ操作が行えない

画面割れの場合のみでは、タッチ操作を行えることがありますが、タッチ操作を行えないということは、ガラスパネルのみならず、液晶パネルが衝撃を受けているということです。
また、画面自体に傷などは見られないのに、タッチ操作が上手くいかないというケースもあります。

白などの縦線が画面上に出る

液晶パネルが本体とずれてしまうことで、iPhoneの画面上に白色などの縦線が入ることがあります。他にも、画面上に黒いシミが出来るなどの症例もあげられています。

パネル自体が浮いている

iPhoneを1年半以上使用すると、バッテリーが膨張してしまい、パネルが浮いてきてしまうという症例もあります。このケースの場合は、液晶の交換の必要はなく、バッテリーの交換のみで良い場合がありますので、修理するときに確認してみましょう。

修理に持って行く前に準備すること

iPhoneの画面割れ、液晶不良のどちらの場合でも、修理が必要となります。修理を行う前に事前にやっておくべきことがあります。事前に準備しておけば、スムーズに修理を行うことができますので、おさらいしておきましょう。

「iPhoneを探す」をオフにする

iPhone上の操作が行える場合、「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」という手順でオンをオフに切り替えます。Apple IDのパスワードが必要となりますので、パスワード入力画面が表示されたら、指示に従ってください。
「iPhoneを探す」をオンにしておくと、紛失してしまったときに、データの流出を防ぐことが出来ます。しかし、修理の際に「iPhoneを探す」をオンにした状態のままだと、修理の際に操作する上で、困難が生じてしまいます。

バックアップを取っておく

データを引継ぎたいときには、データのバックアップをとることが必要になります。iClooudでバックアップを取る方法が主流でしょう。公式サイトでバックアップの詳しい方法が紹介されていますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

iPhoneにトラブル発生!端末の初期化方法とバックアップの取り方。データってどうなるの?

2019.01.29

修理店へもっていく

Appleの正規店やプロバイダ、代理店以外にも修理交換の対応してくれる、いわゆるiPhone修理専門店がございます。

最大のメリットとしては、即日最短でしかも低価格で修理が可能ですので、まず第一に修理先として検討していただきたいです。

修理代は高い?iPhoneが割れた時の修理費と対応の指南書!

2019.01.23

保証内容を確認する

iPhoneを購入する際に、Apple careもしくはApple care+に加入している人が多いです。iPhoneの自然故障の場合は、1年以内であれば無料で本体を交換することが出来ますので、故障内容に合わせて、保証サービスを受けましょう。Apple care+は2年間の保証で、画面の損傷のときなどに、通常よりお得な価格で修理サービスを受けることが出来ます。

なぜ画面割れと液晶不良で修理の値段が違うの?

ところで、なぜ画面割れと液晶不良で、修理に必要になってくる価格が異なるのでしょうか?その理由は、液晶部分がリサイクルできるかどうかです。画面のみの損傷の場合は、液晶部分がリサイクルできるので価格がより安くなります。

おわりに

SmaPlaスタッフ
今回の記事では、「iPhoneの画面割れと液晶不良の違いは?」という疑問にお答えすべく、画面割れと液晶不良について具体的に説明しました。iPhoneの画面はガラスパネルや液晶パネルなど、複数のパネルが重なって出来ていますので、故障したパネルによって症例が異なってきます。故障内容についてしっかりと理解して、修理の準備を行いましょう。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!