iPhoneが濡れてしまったときはどうすればいい?対処法をご紹介

iPhoneが水に濡れてしまったとき、消費者法によって権利が認められる場合をのぞいて、基本的には保証対象外の損傷として扱われてしまいます。

普段から、できるだけiPhoneを濡らしてしまわないように気をつけておきたいものですが、どうしても思わぬアクシデントなどによって濡れてしまうことも出てきます。

そこで今回の記事では、iPhoneが濡れてしまった時の対処法について詳しくご説明していきます。

iPhoneが濡れてしまったときの対処方法

①電源をオフにする

スリープボタンを長押しして「電源をオフにする」をスライドし電源を切ります。濡れている状態で電源をつけたままにしてしまうと、ショートしてしまう可能性が高くなります。

iPhoneはモデルによって電源の落とし方が変わってくるので、使用しているiPhoneに合わせて電源を切ってください。

②カバーやケースを取り外す

iPhoneにカバーやケースを付けた状態のままにしておくと、水分が溜まってしまい乾きづらくなってしまいます。本体が湿った状態が長い時間続くとiPhoneの故障につながってしまいます。

③水分を乾かす

本体をタオルなどの柔らかい素材のもので拭きます。このとき、本体を傷つけないように注意しましょう。

④SIMカードを取り出す

SIMを取り出すツールを使用してSIMカードを取り出します。iPhoneがしっかりと乾いたのを確認してからSIMカードを取り出しましょう。

iPhoneが濡れたときのNG対処法

⚠︎電源を付けたまま使用し続ける

ショートの原因になります。iPhoneが濡れてしまっていることがわかったら電源を落とし、使用を避けてください。

⚠︎ドライヤーなどで無理やり乾かそうとする

ドライヤーの熱風により温度が急激に上がってしまいます。温度の急激な変化は故障の原因になり得るので絶対にやらないようにしてください。

⚠︎本体を振る

iPhoneの水気を飛ばそうとして本体を振るのも良くありません。より水分が染み込んでしまう可能性があり、さらにひどい故障へつながってしまう可能性があります。

修理専門店など、iPhone修理のプロに依頼を

iPhoneの中に保存されているデータなどが不安な場合は修理に出し、修理の専門業者にiPhoneの状況を判断してもらうとより安全です。一度濡れてしまったiPhoneはいつ再び不具合を起こすか分かりません。少しでも不安要素がある時は迷わずプロに見てもらいましょう。

おわりに

今回の記事ではiPhoneが濡れたときの対処方法について詳しくご紹介しました。

水に濡れてしまったiPhoneの電源を落としたら、再び電源を入れないようにしてください。また、自分で対処できないと判断した場合は、iPhoneの修理専門店などへ相談しに行ってみてくださいね。

iPhone修理のご依頼はSmaPlaまで。故障やトラブル、どんなことでもご相談ください!

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!