iPhoneの「液体検出」はコネクタの水濡れが原因!正しい対処法は?

「Lightningコネクタで液体が検出されました」

iPhone XSシリーズ以降で、このような警告文が出てくることがあります。

この警告文が出てきた場合は、iPhoneやLightningコネクタが濡れていると考えられます。

液体検出の警告が出てもすぐにiPhoneが故障するというものではありませんが、放置は厳禁なので、すぐに対処するようにしましょう。

この記事では、「液体検出」の警告文が出てきた際の正しい対処法とNGな対処法を解説します。

iPhoneに「液体検出」の警告文が表示される原因

iPhoneに「液体が検出されました」という警告文が表示される原因は、iPhoneの充電口やLightningコネクタの水濡れです。

充電口かケーブルのどちらかが濡れたまま充電すると、コネクタやケーブルのピンが腐食したり損傷して使えなくなる可能性があります。

接続不良だけでなく本体の故障の原因にもなるため、警告文が表示されるようになっているのです。

「液体検出」の警告文が表示された時の対処法

「液体検出」の警告文が表示されたら、慌てずにLightningコネクタを乾燥させましょう。

Lightningコネクタの正しい乾燥方法は次の通りです。

iPhoneの電源をオフにする

iPhoneがショートするのを防ぐため、必ず電源をオフにしてください。電源をオフにすることで、Lightningコネクタをはじめとした精密部品の破損を防げます。

カバーやアクセサリ類を外す

電源をオフにしたあとは、カバーなどのアクセサリ類を外してください。カバーやアクセサリの材質によっては、iPhone内部へ水を侵入させる原因になります。

水分を拭き取る

電源をオフにしてカバー等を外したら、水分を拭き取ってください。水分を拭き取る際は次の点に注意しましょう。

  • iPhoneを持つ際は、Lightningコネクタを下側にする
  • 水分を拭き取る際は、マイクロファイバークロスなどを使う
  • 拭き取る際は、優しく叩いて水分を出すようにする

水分を拭き取る際は、マイクロファイバークロスが理想的です。タオルやティッシュでもかまいませんが、その際は繊維がコネクタ内に侵入しないように気を付けましょう。

iPhoneを乾燥させる

水分を拭き取ったら、iPhoneを乾燥させてください。乾燥させる際は、以下の方法が良いでしょう。

  • 風通しが良い場所にiPhoneを置いておく
  • ジップロック内に乾燥剤とiPhoneを入れて乾かす

30分ほどあれば乾燥できるはずです。乾燥したらケーブルを挿して充電してみましょう。再度「液体検出」の警告文が表示される場合は、再び乾燥させましょう。

最長でも24時間あれば、乾燥することができます。この際、日光が当たる場所には置かないようにしてください。

やってはいけないiPhoneの乾燥方法

iPhoneを乾燥させる際、次の方法は使わないで下さい。

  • ドライヤーを使う
  • iPhoneを振る
  • 綿棒やティッシュを使用する

ドライヤーを使う

iPhoneは精密機器のため、熱に弱いです。基盤に熱風をあてることで、部品が破損してiPhone本体の故障に繋がります。

ドライヤーはもちろん、ヒーターや直射日光にあてるのもNGです。

iPhoneを振る

iPhoneを振ると、水が抜けるようなイメージがあるかもしれませんが、むしろ逆です。水分が抜けるどころか、逆にiPhone内部に水が侵入してしまいます。

基盤が濡れて、こちらもiPhone本体の故障に繋がります。

綿棒やティッシュで拭き取る

前述しましたが、水分を拭き取る際はマイクロファイバークロスがおすすめです。

綿棒やティッシュで拭き取ることはできますが、繊維がコネクタに付着する可能性があります。

コネクタに付着したままケーブルを差し込むと、内部の端子を損傷させるリスクがあります。どうしても使用する際は、繊維がコネクタに付着したままの状態にならないよう気を付けましょう。

iPhoneが水に濡れる原因

キッチン周りでの操作

iPhoneでレシピ動画を見ながら料理をする人も少なくありません。しかし、キッチンでiPhoneを使うと、水がかかりやすくコネクタ部分が濡れる可能性があります。

レシピ動画を再生する際は、できるだけ水がかかりにくい場所に置きましょう。キッチンであれば、ジップロックの中にiPhoneを入れて、動画再生をするのも有効です。

雨の中の操作

iPhoneには耐水機能が付いていますが、完全防水ではありません。コネクタ部分が濡れるだけで済むならまだ良いですが、最悪の場合はiPhoneが故障するリスクもあります。

画面に水シミができてしまうこともあるので、防水機能がついているとはいえ、雨の中での操作は極力避けましょう。

気温差が高い場所での移動

暖かい場所から寒い場所へ、あるいは寒い場所から暖かい場所へ、急に移動することで結露が発生することがあります。

「濡れるようなことはしてないのに・・・」という場合は、寒暖差が原因かもしれません。寒暖差のある場所へ移動した後は、気温になじませてから充電すると良いでしょう。

どうしても充電が必要なときはワイヤレス充電を

「『液体検出』の警告が表示されたけれど、すぐに充電したい」という場合は、コネクタを使わないワイヤレス充電器の使用が推奨されます。

緊急時には、iPhoneをLightningケーブルやアクセサリに接続し直し、液体検出の警告を無視してiPhoneを充電することもできますが、故障に繋がるリスクが高いのでおすすめしません。

まとめ

「Lightningコネクタで液体が検出されました」という警告文が出てきても、正しい対処法で水分を拭き取れば大丈夫です。放置せずに、必ずすぐ拭き取るようにしてください。

もしも警告文が消えない場合は、Appleサポートか修理専門店に相談しましょう。この場合は、自分で解決できないような故障に繋がる可能性があります。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!