iPhoneの画面割れを放置すると…?そのまま使い続けるリスクを解説します!

私たちの生活に欠かせないiPhoneの画面が割れてしまうリスクは高く、今や日常の中で頻繁に起こりうるアクシデントと言っても過言ではありません。

街や出かけた先で、iPhoneの画面が割れたまま使っている人を見かけたことはないでしょうか。

実は、iPhoneの画面が割れたまま使い続けてしまうとかなり危険なのです。

今回は、なぜiPhoneの画面が割れたまま使い続けると危険なのか、そのリスクについて解説していきます!

画面割れを放置することのリスク

発火・爆発してしまうことがある

iPhoneの画面が割れたままの状態で使い続けると、小さなガラスの破片などが内部に侵入し、バッテリー部分まで到達してしまうことがあります。

バッテリー部分にガラスの破片が刺さった影響で、バッテリーの発火や爆発が起きてしまうことがあるのです。

画面が割れていても今まで通り使えるからと放置せず、できるだけ早めに修理へ出しましょう。

動かなくなってしまう可能性がある

画面が割れてしまっている状態のiPhoneは、画面割れをしていないものと比べて耐久性がいちじるしく低くなっています。

軽度の振動や衝撃などで、液晶や内部ボタンなどにまで影響が出てしまうほか、電源が入らなくなったり、iPhone自体が使えなくなってしまったりするなどの影響も出てしまいます。

液晶にまで影響が及んでしまうと、ガラス交換以上の修理費用がかかってしまったり、本体そのものを買い替えなければならなくなったりしてしまうので注意してください。

いつの間にか水没している

ひび割れたガラスの隙間から水分が侵入し、知らない間に水没状態になってしまう可能性が高くなってしまいます。

水没状態になってしまった場合でも、ガラス交換をするときの費用よりも修理費が高くなってしまうことがあるので、画面割れは放置しない方がベストです。

パスコードの誤入力が起きたりアプリが勝手に起動・終了したりする

ゴーストタッチが起きてしまったときの状態に似た、「誤入力」や「アプリの勝手な作動」が起きてしまいます。

画面が割れてしまった時の応急処置

画面が割れてしまったら、状況の悪化を防ぐため、テープやラップなどで割れた箇所を固定しておきましょう。指の怪我防止にも繋がります。

自力で修理すると違法になる可能性がある!

iPhoneを修理するためには「登録修理業者制度」に則って修理を進める必要があり、自力で修理をしてしまうと電波法に違反してしまう恐れがあります。

iPhoneの画面が割れてしまったら無理に自分で対処しようとせず、修理店に持ち込むか、Appleの正規サービスを利用するようにしましょう。

修理前は念のためにバックアップを取っておくと吉!


SmaPla(iPhone修理店)で画面割れの修理を行う場合、破損箇所のみを修理するので、基本的にデータのバックアップをしていかなくてもデータはそのままの状態で修理を完了することができます。

とはいえ、万が一に備えてデータのバックアップを取っておくに越したことはありません。

ガラスの破片やひび割れの箇所に気をつけながら、iPhoneが動いているうちにバックアップを取っておくことをお勧めします。

まとめ 

iPhoneの構造上、画面のガラスがひび割れてしまっても液晶表示パネルやタッチセンサーが破損していなければ使い続けられる状態になっていることがあります。

画面が割れていても使えることがわかってしまえば「大丈夫」と思ってしまいがちですが、ほんの少しでもひび割れを起こしていたり破損箇所があったりすると、iPhoneそのものの耐久性がいちじるしく低くなっているのです。

比較的小さな衝撃でもiPhoneには大きな悪影響を及ぼしてしまうほか、怪我にも繋がりかねないので、iPhoneの画面が割れてしまったらできるだけ早いうちに修理をするようにしましょう

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!