iPhone画面のヒビ割れ放置は危険!応急処置をしてから修理に出そう

iPhoneの画面にヒビが入る原因として最も多いのが、iPhoneを地面や床に落とすアクシデントです。

特に、電車に乗り降りするときやポケットからiPhoneを取り出すとき、デスクの隅にiPhoneを置いたときなどは、iPhoneを落としやすいシチュエーションです。

もしかすると、一度は経験したことのある人も多いのではないでしょうか。

iPhoneにヒビが入ったら、すぐに応急処置をして修理に出しましょう。できるだけiPhoneが故障するリスクを低くするためです。

今回は、iPhoneにヒビが入ってしまったときの応急処置から、修理に出す際の注意点について解説していきます。

画面がヒビ割れした際の対処方法

画面がヒビ割れしたときは、家庭にある物ですぐに応急処置をすることができます。ヒビ割れの応急処置からデータのバックアップまで、以下の手順で進めていきましょう。

①歯ブラシで細かいガラスを取り除く

まずは、細かい破片を取り除きましょう。手で取り除くとケガをするので、歯ブラシの使用がおすすめです。ヒビ割れしたときの細かいガラス片などで、手指にケガをする危険性があるので、素手では対処しないようにしてください。

②ラップやセロハンテープをiPhoneに巻く

歯ブラシで細かいガラスの破片を取り除いたら、次はヒビ割れの広がりを抑えます。その際は、サランラップを本体に巻くか、セロハンテープをヒビ割れ部分に貼っておきましょう。

この方法で一時的にヒビ割れの広がりを抑えることができ、タッチ操作も可能です。

データのバックアップは必ず取っておこう

iPhoneがヒビ割れてしまったとき、内部の部品も損傷している可能性があります。

次の項目でも紹介しますが、ヒビ割れを放置するとiPhoneの故障の度合いが深刻化してしまったり、頻繁に誤作動を起こすようになってしまったりします。

ヒビ割れの応急処置が終わったら、iCloudかiTunesにデータをバックアップしてください。

バックアップ方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

応急処置をしたら必ず修理へ

少しくらいヒビが入っていても操作できるからと放置するのは絶対にやめましょう。

放置してiPhoneを使い続けると、以下のリスクがあります。

  • iPhoneの故障が早くなる
  • ガラスの破片でケガをする
  • 発火・爆発の危険性がある
  • iPhoneが動かなくなる
  • 知らぬ間に水没状態になる
  • iPhoneが誤作動を起こしやすくなる

一見、操作に支障がないように感じても、損傷は広がっているので、すぐに修理に出しましょう。

iPhoneが画面割れを起こして放置したときのリスクについては、以下の記事でも詳しく解説しています!

修理はどこへ出すのがベスト?

iPhoneのヒビ割れの修理は、以下の2つに頼むケースが多いです。

  • Apple Store
  • 専門の修理業者

それぞれにメリットとデメリットがあるので、修理に出す前に押さえておきましょう。

Apple Store

◇メリット◇
Appleの保証サービス「Apple Care」や「Apple Care+」加入していれば、安い費用で画面割れを修理できます。

◆デメリット◆
事前に予約が必要で、修理に出してから直って戻るまで数日かかります。店舗が近くにない場合は郵送になるので、1週間ほど時間が必要です。その際は、自分で代替え機を用意しなければなりません。

専門の修理業者

◇メリット◇
即日修理で、1時間程度で修理が終わる場合もあります。また、駅前やショッピングモールなど、気軽に立ち寄れるエリアに店舗を出しています。

◆デメリット◆
お店によってサービスの質に差があります。また、修理費用が数万円など高くなる可能性がります。

仕事でiPhoneが必要な場合は、専門の修理業者に頼むのが早くて便利です。その際は「総務省登録修理業者」と表記されている修理店に依頼するようにしてください。

自分で代替え機を用意できる場合は、Apple Storeに依頼する方が費用を抑えることができます。

大手キャリアと契約していて、保証サービスに加入していれば、契約しているキャリアに依頼するのがオススメです。Apple Store同様、費用を安く抑えることができ、代替え機も用意してもらえます。

カバーを装着してヒビ割れを防ぐ

iPhoneを落としたときにヒビが入るのは、iPhone本体カドの小さな面積に、一点集中で落下の衝撃が加わるからです。

カバーを装着して機種本体を守れば、iPhoneを落としても画面にヒビ割れが入る可能性を下げることができます。保護フィルムと合わせて使うと、さらにヒビ割れのリスクを防げます。

iPhoneにカバーを装着することに少し抵抗感がある場合は、保護フィルムのみでもいいのでiPhoneを保護しておきましょう。

iPhoneカバー選びについては、以下の記事も参考にしてみてください。

まとめ

今回はiPhoneにヒビ割れができた際の応急処置や、修理に出す際の注意点について紹介しました。

  • ヒビ割れができたらすぐに応急処置をする
  • 修理に出す前にデータのバックアップをとる
  • 予算や都合に合わせて修理に出すお店を選ぶ

もしもiPhoneがヒビ割れてしまった際は、以上のことを心がけて落ち着いて対処してください。

できるだけiPhoneを長く大切に使い続けられるように、積極的にカバーや保護フィルムなどを使っていきましょうね。

 

Twitter でsmapla_mediaをフォローしよう!